スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 報奨金で一時支払か、職能手当で毎月支給か?

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

報奨金で一時支払か、職能手当で毎月支給か?

著者  yunako さん 最終更新日:2017年01月18日 15:49
従業員が資格取得を目指して頑張っています。他の従業員では職能手当として毎月給与の中に含んでいることもありましたが、一時金として支給すると、会計上はどのような違いがありますか?
毎月5000円(×12か月)を職能手当として支給し続けるのと、報奨金として60000円を支給するのとでは、その1年間の会計処理はどのような違いがありますか?
賞与のように、所得税保険料天引きはあるのでしょうか?
会社にとっては、在職中ずっと支給し続ける手当よりは、一時金として支払った方が得なのですが、それ以外の税金や保険料負担の方向から、会社・従業員双方の処理がどうなるのか知りたいです。
宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 報奨金で一時支払か、職能手当で毎月支給か?

著者  有限会社人事・労務 さん (専門家) 2018年01月31日 14:32
回答させて頂きます。

毎月手当として支給すれば、「給与」として扱う必要があります。報奨金として支払うと「賞与」扱いになります。

控除についてですが、健康保険保険法と厚生年金保険法での定義は、
賞与とは、「賃金、給料、俸給、手当、賞与その他のいかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるもの」(健康保険法第三条の6、厚生年金保険法第三条の四)とされています。

よって、社会保険所得税も控除の対象となります。
仰る通り、一時金で支払ったほうが会社は得かと思います。

支払い方法の違いについての手取り額への影響ですが、職能手当以外の給与金額によって、社会保険料の金額に違いが出る可能性があります。

簡単にいうと、標準報酬月額表の等級幅のギリギリにいる方だと、毎月職能手当を支給することによって社会保険料が変わってきてしまう場合があるからです。

ご確認頂ければと思います。








> 従業員が資格取得を目指して頑張っています。他の従業員では職能手当として毎月給与の中に含んでいることもありましたが、一時金として支給すると、会計上はどのような違いがありますか?
> 毎月5000円(×12か月)を職能手当として支給し続けるのと、報奨金として60000円を支給するのとでは、その1年間の会計処理はどのような違いがありますか?
> 賞与のように、所得税保険料天引きはあるのでしょうか?
> 会社にとっては、在職中ずっと支給し続ける手当よりは、一時金として支払った方が得なのですが、それ以外の税金や保険料負担の方向から、会社・従業員双方の処理がどうなるのか知りたいです。
> 宜しくお願い致します。
>
返信新規投稿する

Re: 報奨金で一時支払か、職能手当で毎月支給か?

著者  yunako さん 2018年02月01日 10:25
回答くださってありがとうございます。
もう誰にも回答していただけないと思っていたのでうれしかったです。
ずっと検討中だったのですが、社長に相談してみます。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク