スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 随時改定のタイミングについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

随時改定のタイミングについて

著者 FRY さん最終更新日:2017年01月26日 11:28
雇用形態が正社員からアルバイトに変更になったときの
随時改定のタイミングについて教えてください。

弊社の給与支給月は、正社員が当月25日支給、アルバイトは翌月25日支給です。
今回、8月6日付で正社員からアルバイトに雇用形態が変更になった者がいます。
アルイバイトになり勤務時間が減ったことで給与が大幅に下がったため
随時改定の届出をしたいと思っています。
給与の増減が3ヶ月間続き、その間各月の基礎日数が17日以上であれば、
随時改定の対象となると理解しているのですが、
上記のケースの場合、
アルバイトとしての給与が支給されはじめる9月から
9・10・11月で見て、12月から改定、となるのでしょうか?
もしくは、
9月の給与は8/6~8/31分で1ヶ月分未満なのでその翌月10月から
10・11・12月で見て、1月から改定、となるのでしょうか?

報酬月額が2等級以上下がることと、
 8月も含めて17日以上の基礎日数があることを、前提にしていただいて結構です。

恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

1~1  (1件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク