スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 介護短時間勤務の申出期間について

相談の広場

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

介護短時間勤務の申出期間について

著者 タカラさん さん最終更新日:2017年02月17日 16:16
29年に改正された育児・介護休業法についてまだ規定の整備が行っているところになり、
タイトルの件で規定にどのように記載するか悩んでいます。

選択的措置義務は所定労働時間の短縮措置を採用しています。
今回改正により、「介護休業とは別に、利用開始から3年間の間で2回以上の利用を
可能とする」ということになりましたが、申出者に申請してもらう期間についてお知恵を
貸してください。

当社介護休業規定には、

就業しつつ要介護状態にある対象家族を介護する者は、申し出ることにより、介護を必要と
する者1人につき、利用開始の日から3年間の間で2回までの範囲内で、介護短時間勤務
の制度の適用を受けることができる。
この場合、その者について定められた所定労働時間については、始業時刻を午前8時55分とし、終業時刻を午後3時55分とする。

としようと思っています。
この内容について上司から「給与計算の都合もあるから申請の期間を月の初め(1日)から
月末までの1ヶ月単位にしてほしい」と言われました。
1ヶ月単位での申請については労働局に問い合わせたところ、申請できる回数を増やせば
このようにしてもよいと言われましたが、1日から月末までの申請にしてもらうには規定に
どのように記載すると分かりやすいでしょうか?

ぜひお知恵を貸してください。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 介護短時間勤務の申出期間について

著者 プロを目指す卵 さん2017年02月17日 22:56
> この内容について上司から「給与計算の都合もあるから申請の期間を月の初め(1日)から
> 月末までの1ヶ月単位にしてほしい」と言われました。
> 1ヶ月単位での申請については労働局に問い合わせたところ、申請できる回数を増やせば
> このようにしてもよいと言われましたが、1日から月末までの申請にしてもらうには規定に
> どのように記載すると分かりやすいでしょうか?


短時間勤務期間は、その措置を開始する日として労働者が申し出た日から起算します。(法23条第4項)
従って、会社が毎月1日と指定することはできません。また、終了日も指定できません。

Re: 介護短時間勤務の申出期間について

著者 いつかいり さん2017年02月18日 07:08
初めて知ったのですが(条文を読み込んでないのがバレバレ)4項は、開始日についてでなく、連続する3年の起算日のことしかいってません。(何を知ったかと言えば、起算日は開始日でなく申出日だということ。簡易規定版は、開始日起算3年となっており、これはこれで労働者有利と言えば有利です。)

ですので、月を単位として、1日から末日を利用単位とするのは差し支えないです。実質労働者が時短をはじめたい日より前は、通常勤務、時短から見て早出残業をすればいいので。その見返りとして、申し出2週間前は、「申出は前月中(←前月末日申し出も受ける)」とでもしておく方がいいでしょう。

規定文言は前後の文脈との整合性(読みやすさを含め)もあるのですが、「開始日を月の1日から、終期を月の末日までの月を単位として、必要な月数(ただし最長1年、複数回)を申し出ることができる」とでも。

Re: 介護短時間勤務の申出期間について

著者 プロを目指す卵 さん2017年02月18日 21:50
(何を知ったかと言えば、起算日は開始日でなく申出日だということ。簡易規定版は、開始日起算3年となっており、これはこれで労働者有利と言えば有利です。)
>


私の考えは違いますので、以下に述べさせていただきます。

育介法通達108ページには、次の解説があります。

「(4) 措置が義務付けられる期間は、原則として、連続する3年の期間以上の期間であること。この期間は、当該労働者が介護のための所定労働時間の短縮等の措置の利用を開始する日として当該労働者が申し出た日から起算すること。具体的には、労働者が、平成29年3月1日に、平成29年4月1日から短時間勤務制度の利用を開始する旨を事業主に申し出た場合、当該労働者は平成32年3月31日が満了するまで当該措置を利用することができること。
なお、事業主にとって措置を講ずべき期間の最低基準が3年であるので、「3年の期間以上の期間」という規定としたものであること。」

また、「育児介護休業法のあらまし」の75ページ下部に、
「(5) 連続する3年間以上の期間は、労働者短時間勤務制度等の利用を開始する日として申し出た日から起算します。
例えば、平成29年2月20日に、3月20日から短時間勤務を利用したい旨を申し出た場合には、3月20日から起算して3年である平成32年3月19日以上利用できる制度である必要があります。 」


以上から、3年間の「起算日」は、短時間勤務措置を実際に利用し始める「開始日」であると考えますが。

> ですので、月を単位として、1日から末日を利用単位とするのは差し支えないです。

労働者の自由意思で申し出た開始日からですから、会社側が1日からだけと制限することはできないと考えます。

Re: 介護短時間勤務の申出期間について

著者 いつかいり さん2017年02月20日 20:06
プロを目指す卵さんへ、お書きになられた通りですね。条文もまどろこしいけれど、開始日「として」申し出た日、ということで、申出日でなく、申し出た開始日ということ。

ただ、あとは結論はかわりません。周知して規定してあること、開始日が希望日より前倒し扱いになること。


4  前項本文の期間は、当該労働者が介護のための所定労働時間の短縮等の措置の利用を開始する日として当該労働者が申し出た日から起算する。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク