HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 介護保険料について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

介護保険料について

著者 Sr@経理 さん最終更新日:2017年02月17日 20:12
介護保険は40歳の誕生日前日の月から徴収、65歳の誕生日前日の前月までで徴収終わり、という考えでいいでしょうか??

あと、弊社では当月給与で当月健康保険料を仮受金として預り、翌月に会社折半分含めて支払いをしています。
そこで質問ですが、
例えば5月10日に40歳の誕生日の社員であれば、5月分として5月給与で仮受金として預り、6月支払い分で払う形でよろしいでしょうか?
あと、2月10日で65歳の誕生日の社員であれば、2月給与の仮受金は、介護保険を外した健康保険料の預りで、3月支払いでよろしいでしょうか?

Re: 介護保険料について

著者 ぴぃちん さん2017年02月18日 11:17
> 介護保険は40歳の誕生日前日の月から徴収、65歳の誕生日前日の前月までで徴収終わり、という考えでいいでしょうか??

はい。

5月10日誕生日であれば、5月分から介護保険料が発生します。
5月分を5月支給分で徴収する当月徴収の給与形態になっているのであれば、5月支給分から徴収することになります。
これは、介護保険料だけでなく、健康保険料、厚生年金保険も同じでしょうから、考え方は一緒です。

2月10日で65歳になり、当月徴収されているのであれば、2月分から介護保険料は徴収されなくなります。

満年齢なので、1日生まれの方で間違えが生じないようにしてください。

Re: 介護保険料について

著者 Sr@経理 さん2017年02月20日 04:17

> はい。
>
> 5月10日誕生日であれば、5月分から介護保険料が発生します。
> 5月分を5月支給分で徴収する当月徴収の給与形態になっているのであれば、5月支給分から徴収することになります。
> これは、介護保険料だけでなく、健康保険料、厚生年金保険も同じでしょうから、考え方は一緒です。
>
> 2月10日で65歳になり、当月徴収されているのであれば、2月分から介護保険料は徴収されなくなります。
>
> 満年齢なので、1日生まれの方で間違えが生じないようにしてください。

大変助かりました!
ご回答ありがとうござきました!!
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ