スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 勘定科目と仕訳の方法

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

勘定科目と仕訳の方法

著者 おひさ さん最終更新日:2017年03月14日 17:25
介護保険の事業をしています。国保連合会より2か月遅れで収入があります。3月分役務した金額は5月末(25日あたり)に入金されます。その入金分で当月給料・当月経費を処理してきました。これは間違っているのでしょうか?売掛金のような処理が必要であったのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 ton さん2017年03月14日 22:45
> 介護保険の事業をしています。国保連合会より2か月遅れで収入があります。3月分役務した金額は5月末(25日あたり)に入金されます。その入金分で当月給料・当月経費を処理してきました。これは間違っているのでしょうか?売掛金のような処理が必要であったのでしょうか?


こんばんは。
お金の動きと確定収益は異なります。
3月に入金されるのは1月分ですからその資金を以て3月の諸経費を支払うことは問題ありませんが収入としては過去の分ですから当月分は未収金とする必要があります。
現状は一般的には現金主義と言われる処理方法です。
期中はそれでもいいですが期末・・・決算期はまだ入金になっていない2月、3月分を収入としてカウントする必要がありますので注意してください。
できれば毎月未収金計上されるのがベストと思います。
とりあえず。

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 ぴぃちん さん2017年03月15日 00:02
金額が小さいのでなければ、3月の売上が5月入金されてくるのですから、3月の売上があった時点で未収金として処理していただくことがよいでしょう。
預金があり、それで、給与経費処理することには、それぞれ発生時に仕分けされることでよいでしょう。
2か月遅れて入金されてくるのでキャッシュフローが把握できているとよいでしょうね。



> 介護保険の事業をしています。国保連合会より2か月遅れで収入があります。3月分役務した金額は5月末(25日あたり)に入金されます。その入金分で当月給料・当月経費を処理してきました。これは間違っているのでしょうか?売掛金のような処理が必要であったのでしょうか?

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 おひさ さん2017年03月15日 09:35
> こんばんは。
> お金の動きと確定収益は異なります。
> 3月に入金されるのは1月分ですからその資金を以て3月の諸経費を支払うことは問題ありませんが収入としては過去の分ですから当月分は未収金とする必要があります。
> 現状は一般的には現金主義と言われる処理方法です。
> 期中はそれでもいいですが期末・・・決算期はまだ入金になっていない2月、3月分を収入としてカウントする必要がありますので注意してください。
> できれば毎月未収金計上されるのがベストと思います。
> とりあえず。

おはようございます、昨夜はありがとうございました。
こんな仕訳でしょうか?
3月10日(国保連合会に2月分の集計をして提出期限日)
未収金/ 役務収益(3月分)
3月25日
普通預金/役務収益(1月分国保連合会からの振り込み日)
決算5回目に至っての勘定科目です。
今までなかった科目が突然増えるのは今年の決算からで良いのでしょうか?
さかのぼって修正して税金の修正もあるのでしょうか?

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 おひさ さん2017年03月15日 10:01
> 金額が小さいのでなければ、3月の売上が5月入金されてくるのですから、3月の売上があった時点で未収金として処理していただくことがよいでしょう。
> 預金があり、それで、給与経費処理することには、それぞれ発生時に仕分けされることでよいでしょう。
> 2か月遅れて入金されてくるのでキャッシュフローが把握できているとよいでしょうね。

お返事をいただき感謝です。
収入はケアマネが在中する居宅介護支援事業所です。
単独事業所なので収入は国保連からのみなので、給料と経費・家賃・光熱費・事務用品・車借り上げ代通信費などの必要経費を引いて、給料賞与はそれぞれの担当者数によって給料計算をしています。
会計ソフトを使って振り分け作業で決算書を作成、3月決算を行い税務署で書類の書き方を教えてもらいながら、決算書を提出税額を払っています。
この事業を閉じるときに未収金法人税を払うのかな?
今までも表明しておかなければならなかったのかなと不安をもちながら、
ケアマネの仕事の合間のソフト入力です。
本日仕分けや勘定項目がわかりやすいという本がアマゾンから届きます。
泥縄ですが、少し職員も増えシニア世代だけではなく扶養家族のある職員も増えるので、給与計算(給料計算ソフトあり)など不安は多くあります。
キャッシュホロ―
足りなければ自分の給料を控えての操業時期があり、
そこが数字になっていないことがあります。しっかりその辺をやりなさいというご教授ですよね?

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 ぴぃちん さん2017年03月15日 12:36
> 3月10日(国保連合会に2月分の集計をして提出期限日)
> 未収金/ 役務収益(3月分)
> 3月25日
> 普通預金/役務収益(1月分国保連合会からの振り込み日)


考え方はいろいろありますが、

2月に生じた売上を翌月に売上計上しない方がよいかと思います。
なので、少なくとも、
2月末日
(借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2月分
とした方がよいでしょう。
売上に占める割合が大きいのであれば、まとめて請求時でなく、日々保険料相当の売上が生じた時に計上したほうがよいかと思います。
2月1日
(借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2/1分
2月2日
(借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2/2分
また、入金された時には、
3月25日
(借方)普通預金 /(貸方)未収金 (摘要)1月分国保連合会
などと仕訳されることが宜しいかと思います。
どのように仕訳をするのかについては、決算書を作成されている税理士さんにご確認ください。
決算期毎に売上をきちっと出しておくことが必要かと考えますので、売り上げた時と入金時が異なっているのであれば、売上が生じた時に仕訳をきちっと行うことが必要でしょう。


> この事業を閉じるときに未収金法人税を払うのかな?

未収金に対して税金がかかるのでなく、売上及びその利益に対して税金がかかりますので、お金が入金されるのがいつというのでなく、売上があったのがいつなのであるか、です。
税金の計算の元となる決算書が誤っているといけませんので、内容に不安があるのであれば、税理士の先生に確認していただくことがよいと思います。

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 おひさ さん2017年03月15日 14:09
> 考え方はいろいろありますが、
>
> 2月に生じた売上を翌月に売上計上しない方がよいかと思います。
> なので、少なくとも、
> 2月末日=理解しました
> (借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2月分
●=物を売っていなくても売り上げという科目を使うのですね?今までは役務手当として計上していましたが、それでもよいですか?
> とした方がよいでしょう。
> 売上に占める割合が大きいのであれば、まとめて請求時でなく、日々保険料相当の売上が生じた時に計上したほうがよいかと思います
●=売り上げに占める割合というよりは、売り上げ金額となりうる2月1日から2月末までの全ての請求分を国保連合会に送信したのち、審査を受けて入金されるのが4月の25日あたりに、一括で全国すべての介護保険事業所に支払いが起きるのです。
> 2月1日
> (借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2/1分
> 2月2日
> (借方)未収金 /(貸方)売上 (摘要)2/2分
> また、入金された時には、
> 3月25日
> (借方)普通預金 /(貸方)未収金 (摘要)1月分国保連合会
> などと仕訳されることが宜しいかと思います。
> どのように仕訳をするのかについては、決算書を作成されている税理士さんにご確認ください。
> 決算期毎に売上をきちっと出しておくことが必要かと考えますので、売り上げた時と入金時が異なっているのであれば、売上が生じた時に仕訳をきちっと行うことが必要でしょう。
>
>
> > この事業を閉じるときに未収金法人税を払うのかな?
>
> 未収金に対して税金がかかるのでなく、売上及びその利益に対して税金がかかりますので、お金が入金されるのがいつというのでなく、売上があったのがいつなのであるか、です。
> 税金の計算の元となる決算書が誤っているといけませんので、内容に不安があるのであれば、税理士の先生に確認していただくことがよいと思います。

●はいありがとうございました。
税理士さんにはお願いしておりません。一人で初めたので最初は家計簿のようなものでした。仲間が増え給料を支払うことになっても、決算書会計ソフトで作成し(これまでは3月末までの入金分で決算書を作成して提出して、税務署で指導を受け申告書を作成し納税していました。
金額も大きくなり今後私が行う事には限界があるかなと思えます。

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 ぴぃちん さん2017年03月15日 17:38
> ●=物を売っていなくても売り上げという科目を使うのですね?今までは役務手当として計上していましたが、それでもよいですか?

すみません。役務収益であれば、役務収益勘定でもよいかと思います。

(借方)未収金 /(貸方)役務収益

> ●売り上げ金額となりうる2月1日から2月末までの全ての請求分

日々、役務収益が発生するのであれば、1か月でまとめるのでなく、生じた日ごとに仕訳をすることがよいでしょう。

2月1日
(借方)未収金 /(貸方)役務収益  (摘要)2/1分 役務収益
2月2日
(借方)未収金 /(貸方)役務収益  (摘要)2/2分 役務収益
……

4月25日
(借方)普通預金 /(貸方)未収金  (摘要)2月分

支払いを受けた金額が増減なければ、4月に入金された金額と、2/1~2/28までの役務収益の金額が一致することとなります。保険請求の流れからすれば、上記の仕訳がよろしいかと思います。

役務収益が生じた日が、収益のでた日になりますので、遅れて入金されても収益が生じた日で計上します。決算をまたぐ場合には、収益を上げておいて、未収金として処理します。
入金日で処理すると、決算期間の売上が実際と異なってしまうでしょう。

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 ton さん2017年03月16日 05:39
> > こんばんは。
> > お金の動きと確定収益は異なります。
> > 3月に入金されるのは1月分ですからその資金を以て3月の諸経費を支払うことは問題ありませんが収入としては過去の分ですから当月分は未収金とする必要があります。
> > 現状は一般的には現金主義と言われる処理方法です。
> > 期中はそれでもいいですが期末・・・決算期はまだ入金になっていない2月、3月分を収入としてカウントする必要がありますので注意してください。
> > できれば毎月未収金計上されるのがベストと思います。
> > とりあえず。
>
> おはようございます、昨夜はありがとうございました。
> こんな仕訳でしょうか?
> 3月10日(国保連合会に2月分の集計をして提出期限日)
> 未収金/ 役務収益(3月分)
> 3月25日
> 普通預金/役務収益(1月分国保連合会からの振り込み日)
> 決算5回目に至っての勘定科目です。
> 今までなかった科目が突然増えるのは今年の決算からで良いのでしょうか?
> さかのぼって修正して税金の修正もあるのでしょうか?
>


こんばんは。
介護保険料は国への請求は翌月ですが該当月での売上=収益となりますので3月10日請求は2月28日に2月分介護保険収入として計上する必要があります。
2/28 未収金 / 介護保険収入 〇〇〇  2月分介護保険収入
また利用者さんの自己負担分もありますからそちらも請求書を発行されると思いますので同様の処理が必要です。
2/28 未収金 / 利用者負担金収入 〇〇〇 2月介護保険利用料
どちらも未収金で管理しにくいようであれば国保連未収金、利用者未収金と科目を分けてもいいでしょう。
今まで発生せず新たに発生したとしても問題ありません。
判らなくて現金主義で経理していたものを正しく直しましたということなので今後継続して正規の処理をされれば大丈夫です。
本来であれば修正となりますがそこはご判断ください。
漏れているのではなく年度のズレですから1年を修正すると翌年も差引修正が必要になりますね。
一応税務署の指導で申告されているようなのでその上で気づかなかったり、気になっていた不合部分を訂正したということになろうかと思います。
とりあえず。

Re: 勘定科目と仕訳の方法

著者 おひさ さん2017年03月16日 09:18
> > > こんばんは。
> > > お金の動きと確定収益は異なります。
> > > 3月に入金されるのは1月分ですからその資金を以て3月の諸経費を支払うことは問題ありませんが収入としては過去の分ですから当月分は未収金とする必要があります。
> > > 現状は一般的には現金主義と言われる処理方法です。
> > > 期中はそれでもいいですが期末・・・決算期はまだ入金になっていない2月、3月分を収入としてカウントする必要がありますので注意してください。
> > > できれば毎月未収金計上されるのがベストと思います。
> > > とりあえず。
> >
> > おはようございます、昨夜はありがとうございました。
> > こんな仕訳でしょうか?
> > 3月10日(国保連合会に2月分の集計をして提出期限日)
> > 未収金/ 役務収益(3月分)
> > 3月25日
> > 普通預金/役務収益(1月分国保連合会からの振り込み日)
> > 決算5回目に至っての勘定科目です。
> > 今までなかった科目が突然増えるのは今年の決算からで良いのでしょうか?
> > さかのぼって修正して税金の修正もあるのでしょうか?
> >
>
>
> こんばんは。
> 介護保険料は国への請求は翌月ですが該当月での売上=収益となりますので3月10日請求は2月28日に2月分介護保険収入として計上する必要があります。
> 2/28 未収金 / 介護保険収入 〇〇〇  2月分介護保険収入
> また利用者さんの自己負担分もありますからそちらも請求書を発行されると思いますので同様の処理が必要です。
●居宅介護支援事業単独事業所なので、利用者からの負担金がないので国保連から入る金額のみで一括請求・2か月後一括振り込みになります。とても単純な会計のはずなので、現金主義という言葉も知らず入ったお金で必要な金額を払うという、そういえば最終的にはこの2か月分のお金はどのように・・という気持ちを持ち続けながら経過してしまいました。
> 2/28 未収金 / 利用者負担金収入 〇〇〇 2月介護保険利用料
> どちらも未収金で管理しにくいようであれば国保連未収金、利用者未収金と科目を分けてもいいでしょう。
> 今まで発生せず新たに発生したとしても問題ありません。
> 判らなくて現金主義で経理していたものを正しく直しましたということなので今後継続して正規の処理をされれば大丈夫です。
> 本来であれば修正となりますがそこはご判断ください。
> 漏れているのではなく年度のズレですから1年を修正すると翌年も差引修正が必要になりますね。
> 一応税務署の指導で申告されているようなのでその上で気づかなかったり、気になっていた不合部分を訂正したということになろうかと思います。
> とりあえず。
>
おはようございます、お忙しい中ご指導ありがとうございます。
わからないところで行っていると知らぬ間に不正をしているのかもと不安になりました。
今回は未収金の科目を4月にさかのぼって修正して3月決算書を作成しようと思います。そのうえで税務署で記入をしながら指導を受けます。
すっきりしました。
ありがとうございました。またご指導いただける機会があるかと思います。
その時もよろしくおねがいします。
  頓珍漢な質問にならないように、本日届く本も網羅したいと思っています。
1~10  (10件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク