スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について >  支払利息の元本繰入時の仕訳について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

支払利息の元本繰入時の仕訳について

著者  sobcoo さん 最終更新日:2017年03月15日 09:08
海外宛の支払利息に対して源泉税が通常は発生しますが、これを元本に組み入れるなどして実際のCashの移動が起きない場合、源泉税の考え方はどうなるのでしょうか。

Cashの移動は起きていないのだから源泉税は発しないと整理し、以下の仕訳となるのか、

支払利息//借入金

それとも、源泉税は組入時は発生しないが、将来優先的に納税されるものであるから、源泉税を組入時に認識してしまい、

支払利息//借入金
支払利息//源泉税

とすべきか判断に迷っています。
本邦税務上の取り扱いをご存知の方いらっしゃいましたら、アドバイスを頂けますでしょうか。

スポンサーリンク

返信新規投稿する
1~1  (1件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク