スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 領収書より少ない金額での精算について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

領収書より少ない金額での精算について

著者 デスクワーク さん最終更新日:2017年03月16日 21:52
経理で出納業務に携わっている者です。よろしくお願いいたします。
会社負担に上限金額(25,000円)が設定されていて、購入した物が上限を超える28,000円。差額の3,000円は自己負担で、会社で精算できるのは25,000円なのですが、領収書は28,000円で切られています。
領収書を25,000円と3,000円とに分けてもらえなかった場合なのですが、28,000円の領収書で25,000円だけを出金するのは問題ありでしょうか。こうすれば大丈夫という手順はあるのでしょうか。
ご教授よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

Re: 領収書より少ない金額での精算について

著者 ねくすとばったー さん2017年03月16日 22:53
会社に規定があるならば、清算書を用意すればいいかと思います。
領収書原本といつだれがどうしてどのように28,000円をつかったか・上限25,000円の精算を求める書類を、一定の承認や確認を得たうえで経理25,000円を出納し、受領のサインをもらう。
書類と領収書原本保管ではいかがですか?

領収書を分けてもらう必要もありません。

ただし・・・・・・・・会議費あたりだと上記対応は取れません。問題ありです。

Re: 領収書より少ない金額での精算について

著者 ぴぃちん さん2017年03月17日 01:25
購入する目的の商品がどのような使途なのかわかりませんが、会社が負担する支給額の上限が25000円であり、商品代金がそれを上回る場合に、会社の経理処理として、購入代金の領収書をもって、その普段額の支給をする手順には問題ないでしょう。

上限25000円だからといって、25000円と3000円とに分ければ、28000円分支払いされる規定なのですか?



> 経理で出納業務に携わっている者です。よろしくお願いいたします。
> 会社負担に上限金額(25,000円)が設定されていて、購入した物が上限を超える28,000円。差額の3,000円は自己負担で、会社で精算できるのは25,000円なのですが、領収書は28,000円で切られています。
> 領収書を25,000円と3,000円とに分けてもらえなかった場合なのですが、28,000円の領収書で25,000円だけを出金するのは問題ありでしょうか。こうすれば大丈夫という手順はあるのでしょうか。
> ご教授よろしくお願いいたします。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク