スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 規程額を超える手当の支給の可否

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

規程額を超える手当の支給の可否

著者 xyz さん最終更新日:2017年04月21日 10:48
規程により基準内給与に組み込まれる手当が一律で決まっている場合に、
一人の社員だけ規定額以上の手当を支給することは可能なのでしょうか?
(支給名目は変わらないとして)

スポンサーリンク

Re: 規程額を超える手当の支給の可否

著者 hitokoto2008 さん2017年04月21日 12:22
> 規程により基準内給与に組み込まれる手当が一律で決まっている場合に、
> 一人の社員だけ規定額以上の手当を支給することは可能なのでしょうか?
> (支給名目は変わらないとして)


何で一人だけ多いのでしょうか?
例えば、規程の改正等で減額できずに、暫定的に据え置いているとか?
何かしら特別な事情があるはずですが、それが不明ですよね。

Re: 規程額を超える手当の支給の可否

著者 ぴぃちん さん2017年04月21日 12:54
可能かどうかについてであれば可能ですになるでしょうけど、規程を守らないことを許すことになります。ですので、御社の給与規程しだい、になるでしょうけど、金額が固定している場合や上限が設けられている場合には、規程を先に変更して整合性をとった上で支給することが一般的であるかと思います。



> 規程により基準内給与に組み込まれる手当が一律で決まっている場合に、
> 一人の社員だけ規定額以上の手当を支給することは可能なのでしょうか?
> (支給名目は変わらないとして)

Re: 規程額を超える手当の支給の可否

著者 島津社会保険労務士事務所 さん2017年04月21日 13:13
> 規程により基準内給与に組み込まれる手当が一律で決まっている場合に、
> 一人の社員だけ規定額以上の手当を支給することは可能なのでしょうか?
> (支給名目は変わらないとして)

労働基準法違反には当たらないが望ましくはない、というのが私の見解です。

賃金規定等を含む就業規則は対象となる労働者全員に適用されるものですので、固定の金額が設定されている手当を一部の労働者だけ例外的に引き上げるというのは、他の労働者に不公平感を生じさせても不思議ではありません。

仮に一部の労働者だけ特別扱いするのであれば、他の労働者からの訴えがあった場合に十分に説明できる根拠が求められるのではないでしょうか?

Re: 規程額を超える手当の支給の可否

著者 村の長老 さん2017年04月22日 10:02
どういう事情でこういったことをしなければならないのかわかりませんが、私も他の方と同様、行うべきではないと思います。

労働者としての条件が同じであれば、同じ労働条件で報いるというのが原則であり、そのため就業規則等に規定する必要があります。規定そのものを改定して、該当者は全員引き上げるのであればともかく、今回のようになぜか特例的にある人物のみに特別額を支給すれば、社内秩序の崩壊につながります。支給されなかった同様の従業員がそのことを知ればどうなるかは火を見るより明らかです。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク