スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 労働時間短縮について。

相談の広場

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

労働時間短縮について。

著者 mimichan0 さん最終更新日:2017年04月21日 11:00
いつも勉強させて頂いています。製造業です。この度、販売の不振により生産量を減らす事になり、従業員(時給)に4カ月の間、1日8時間労働を7時間にしてもらうことになりました。この場合は1日の6割以上を支払うことになるので、休業補償はしなくていいと伺いました。ただ従業員から1日1時間を減らすのではなく、まとめて休みたいと言われました。1日1時間=1カ月約20時間となり、まとめると2.5日の休みになります。この場合、2.5日に対して休業補償が発生するのでしょうか? またひと月最低20時間の就業短縮をお願いしていますが、従業員都合で全労働日の6割以上になった場合、どこまで補償をすればいいのでしょうか?ご指導宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 労働時間短縮について。

著者 hitokoto2008 さん2017年04月21日 12:42
労基法で定める6割以上の補償は最低限のものです。
操業時短(会社都合)による残り4割負担は民事上免れないものですね。
基本的には10割支払う必要があります。
その残りの4割については、労使が合意して休みにすることは可能ではないかと思います。
後は、時短も含めて、補償については雇用助成金もあったと思いますが、そのあたりは詳しく知りません。


> いつも勉強させて頂いています。製造業です。この度、販売の不振により生産量を減らす事になり、従業員(時給)に4カ月の間、1日8時間労働を7時間にしてもらうことになりました。この場合は1日の6割以上を支払うことになるので、休業補償はしなくていいと伺いました。ただ従業員から1日1時間を減らすのではなく、まとめて休みたいと言われました。1日1時間=1カ月約20時間となり、まとめると2.5日の休みになります。この場合、2.5日に対して休業補償が発生するのでしょうか? またひと月最低20時間の就業短縮をお願いしていますが、従業員都合で全労働日の6割以上になった場合、どこまで補償をすればいいのでしょうか?ご指導宜しくお願い致します。

Re: 労働時間短縮について。

著者 村の長老 さん2017年04月22日 09:49
ご指摘の通り、1日単位では1時間短縮ですから労基法上の休業手当は不要です。ただ民事上の損賠として1時間分の補償を求められる可能性は否定できません。必ず説明と同意が必要です。さて、これをまとめて2.5日の休業とした場合、これは労基法上の休業手当が必要となります。

質問最後の「従業員都合で全労働日の6割以上になった場合、どこまで補償をすればいいのでしょうか?」の意味が理解できません。もう少し説明を加えて下さい。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク