スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 租税条約適用者は本国で納税する必要があるのでしょうか?

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

租税条約適用者は本国で納税する必要があるのでしょうか?

著者 ゆゆゆう さん最終更新日:2017年07月07日 20:50
いつも参考にさせていただいております。

租税条約の質問なのですが、租税条約が適用されて日本で免税となっている職員は当社から発行する源泉徴収票等を基に、当人の本国で納税する必要があるのでしょうか。
それとも本国においても納税する必要はないのでしょうか。

また、本国で納税する必要がある場合でも、当人が本国で納税手続きをしなかったら本国が当人の日本での収入を知る由が無い気がするのですが、そのあたりはどうなっているのでしょうか。租税条約の届出をすることで、日本の税務署から本国の税務署へ収入額等が報告されるような仕組みがあるのでしょうか。

ご教示いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 租税条約適用者は本国で納税する必要があるのでしょうか?

著者 もょもと さん2017年07月28日 11:22
当事国の制度によります。

基本的に他国での収入は自己申告です。

次は日本から中国法人転籍していた職員の事例です。

「日本での収入はない」(本当にない)として、収入を申告。
「そんなはずはない」として、申告を却下。
納税ができず。
脱税容疑。
仕方なく嘘の金額で申告。
税金が上がり、収入の80%を税金で持っていかれる。
差額分を計算し、日本側から補てん。
補てん金が子会社職員給与の肩代わりとして、子会社への利益供与と認定。
損金扱いが認められず、法人税増。

相手国によってはとにかくややこしいです。


> いつも参考にさせていただいております。
>
> 租税条約の質問なのですが、租税条約が適用されて日本で免税となっている職員は当社から発行する源泉徴収票等を基に、当人の本国で納税する必要があるのでしょうか。
> それとも本国においても納税する必要はないのでしょうか。
>
> また、本国で納税する必要がある場合でも、当人が本国で納税手続きをしなかったら本国が当人の日本での収入を知る由が無い気がするのですが、そのあたりはどうなっているのでしょうか。租税条約の届出をすることで、日本の税務署から本国の税務署へ収入額等が報告されるような仕組みがあるのでしょうか。
>
> ご教示いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク