スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 育児休業給付金 2年に延長について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

育児休業給付金 2年に延長について

著者 はっちょ さん最終更新日:2017年07月30日 21:36
保育園に入れない場合などの、育児休業の延長が2年までの延長を利用できるのは、1歳6か月時点で、何月何日の方でしょうか?
H28.4.1生まれの子供とH28.3.31生まれの子供では、異なりますか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 育児休業給付金 2年に延長について

著者 プロを目指す卵 さん2017年07月30日 22:10
> 保育園に入れない場合などの、育児休業の延長が2年までの延長を利用できるのは、1歳6か月時点で、何月何日の方でしょうか?
> H28.4.1生まれの子供とH28.3.31生まれの子供では、異なりますか?


先ず、結論から申しあげますと、両日とも再々取得の対象になります。

以下は説明です。


最も早く2歳までの育児休業をすることができる労働者は、改正法施行日である29.10.1に2歳までの育児休業を開始する場合です。
2歳までの育児休業の開始日は、子が1歳6か月に達した日の翌日でなければなりません。(法第5条第6項)
従って、29.10.1に育児休業を開始するためには、29.10.1の前日である29.9.30に子が1歳6か月に達し、その日に労働者または配偶者が1歳6か月までの育児休業をしている場合です。(法第5条第4項)
29.9.30に1歳6か月に達する子の誕生日は、28.3.31と28.4.1の場合です。

要約すれば、28.3.31以降生まれの子について、その子が1歳6か月に達する日に労働者または配偶者が育児休業をしている場合は、1歳6か月に達する日の翌日から2歳までの育児休業をすることができ得ることになります。

逆に、28.3.30以前生れの子の場合は、29.9.29までに1歳6か月に達してしまい、1歳6か月到達日の翌日が改正法施行日前ですから、2歳までの育児休業はできません。

Re: 育児休業給付金 2年に延長について

著者 いつかいり さん2017年07月31日 20:16

ちょいと気になったので。

法文の規定はそのようですが、施行日(H29.10.1)現在で休業していることとなりますので、4/2生まれ以降と思われますが、どんなもんでしょう。もちろんそれよりも早く生まれた子に対して育休を認めるのは、法を上回る待遇で、よろしのですが、給付金ともなれば、1日違いで受ける受けられないが、はっきり区切られますから。

なお、改正法附則では、その権利のある人は、施行日前から申し入れできますので、2週間前申し入れなら、ぬかりなく、申し出てください。

1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク