スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 通勤手当の変動による随時改定について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

通勤手当の変動による随時改定について

著者 おぴねる さん最終更新日:2017年08月07日 20:21
お世話になります。
この度、在宅勤務を導入することになりました。
ただ、完全ではなく月5日~10日程度は通勤し、残りは在宅勤務という形になります。
雇用形態はフルタイムの正社員です。

導入したきっかけは、配偶者の転勤に帯同する関係で毎日通勤することが難しくなったためです。

電車で往復約8,000円ですので、定期相当額ではなく実費を支給します。

この場合、通勤する日数によって実費が変動する可能性があるのですが、その場合、標準報酬月額はどのように計算するのが妥当でしょうか?

繁忙時期もあるため通勤日数は上ブレる可能性があります。最低でも月5回は出勤します。

通勤日数によって随時改定は避けたいところなのですが、やはり随時改定の3条件に淡々と対応するしかないでしょうか?

不勉強で恐縮ですがお力添え下さいますようお願い申し上げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 通勤手当の変動による随時改定について

著者 村の長老 さん2017年08月08日 08:30
私見です。

まず労働条件通知書あるいは就業規則の規定による在宅勤務の場合、どのような規定になっているかということが重要です。

例えば在宅勤務のケースは、常時勤務する場所が自宅となっていたとします。とすれば変動日数による会社への出勤命令は、通常の勤務地と異なり出張扱いとも考えられます。とすれば「通勤費」ではなく、出張などの際に支給される「交通費」扱いとも考えられます。であれば、賃金の一部ではなく会社経費扱いでもいいのではと思います。
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク