スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 英文契約書の収入印紙について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

英文契約書の収入印紙について

著者 ほうむくん さん最終更新日:2017年08月23日 13:29
英文契約書の収入印紙についてご教授ください。

ヨーロッパやアメリカ、アジア諸国と日本(自社)にて、売買契約請負契約などを締結しています。
言語は英文で、最終署名(締結・成立)は、相手国または日本です。
日本で成立した場合、収入印紙の貼付が必要かと思いますが、

①その場合、相手方保管分についても、自社にて収入印紙を貼付すべきでしょうか?(双方の負担という考えのもと、後日または前もって求償はします)
②収入印紙を貼付することで、相手国の裁判所や法解釈により、契約書が無効となることはないでしょうか?
③ちなみに、秘密保持契約書には収入印紙の貼付は不要でしょうか?

相手国や契約の内容で異なるかとは思いますが、ご教授いただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 英文契約書の収入印紙について

著者 いつかいり さん2017年08月23日 20:36
1)タックスアンサーに答えがあります。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/02.htm


2)相手国に聞いてください。
3)内容からして別事項の証明する課税項目があれば別ですが、課税文書でなはいです。
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク