スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 専門型裁量労働制の育休、時間勤務について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

専門型裁量労働制の育休、時間勤務について

著者 g-cyan さん最終更新日:2017年09月06日 13:18
50人未満のデザイン会社です。弊社ではデザイナー達は専門型裁量労働制採用し、月21日計算で毎日1時間、計21時間分が通常残業を毎月見なしたことにしています。また深夜、休日出勤も多い職種なので、その分も見なしで固定残業代として計上しています。労使協定は結んでいます。月額x12ヶ月の賞与なしの年俸制です。
そのような場合、男性デザイナーが、配偶者の希望で、育休や時短勤務、所定労働時間の制限を希望した場合には、どう対応すれば良いのでしょうか?
裁量労働制対象から外した場合に、1年だけとか期間限定の外し方をしても大丈夫なのでしょうか?よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 専門型裁量労働制の育休、時間勤務について

著者 村の長老 さん2017年09月07日 08:27
こうした場合にどうするかも労使協定で定めておくことになります。現在その定めがないのであれば、規定通りフルタイム勤務したものとして満額を支払う義務があります。理由は「フルタイム+残業1時間働いたとみなしている」からです。

Re: 専門型裁量労働制の育休、時間勤務について

著者 g-cyan さん2017年09月07日 10:00
> こうした場合にどうするかも労使協定で定めておくことになります。現在その定めがないのであれば、規定通りフルタイム勤務したものとして満額を支払う義務があります。理由は「フルタイム+残業1時間働いたとみなしている」からです。

Re: 専門型裁量労働制の育休、時間勤務について

著者 g-cyan さん2017年09月07日 10:08
> > こうした場合にどうするかも労使協定で定めておくことになります。現在その定めがないのであれば、規定通りフルタイム勤務したものとして満額を支払う義務があります。理由は「フルタイム+残業1時間働いたとみなしている」からです。


労使協定が必要なんですね、ありがとうございます。現在、育児・介護休業法の改正に伴い、就業規則も改定しようと思っているので、同時に裁量労働制の部分も、育児・介護休業の対象者が出た場合にどうするか、改定した法が良さそうですね。
ご助言ありがとうございました。
1~4  (4件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク