スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 休出時の業務命令内容とその業務以外について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん最終更新日:2017年09月09日 10:28
先日相談せていただきたかった内容がまとまっていないかったため再投稿をさせていただきます。

36協定は業務全般に対して締結されていることを前提として記入いたします。
休出命令として、「今週末〇〇を行ってほしい」との休出業務命令が出て、休出を行いますが、業務命令の「〇〇」以外の業務は、休日業務命令対象外のため、対応しなくてもよいと考えているのですが、いかがでしょうか?

やむを得ず休出を行うわけですが、やむを得ず対応しなければならない業務に対してのみ、休出の合理的理由や命令と考えており、出勤しているのだからついでに他の作業も行ってほしい、などの要求は、そもそものその日の休出命令である「〇〇」の業務外であるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

ご回答をいただけますと幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 村の平民 さん2017年09月09日 16:07
① 理論的に言えば、指定された業務の外は休日労働の範囲外としてその業務実行を拒否できるでしょう。
 36協定には、残業や休日労働させる理由を書くことになって居るからです。

② もちろん、休日労働で実行命令されていない業務を実行した場合、それに要した時間を休日労働割増賃金から除外するならば、タダバタラキをさせることになるので、それは拒否して当然です。

③ しかし、実務的には当該休日労働した労働者が実行可能な業務であれば、休日命令による従事業務とされていない他業務であっても、その他業務を実行することが常識的であると考えます。

④ 企業の業務は多岐にわたることが多く、細部にわたって網羅し記載するのは困難です。
 質問のような反抗に対処するためには、休日業務を「○○の業務およびそれに関連する諸業務」などと書けば良いかと思います。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん2017年09月10日 10:13
回答ありがとうございます。
36協定自体は業務すべてにたいして有効になっているため、平日と同様の業務を土日祝日に行うことが可能です。
ただ、そもそもの休日出勤理由が一部の業務において土日祝日でも必ず対応しなければならないものあり、それを行うため輪番デ出勤しております。逆に言うと、その業務がなければ休日出勤の必要がありません。
ですので、その業務以外は休日に対応する理由は特にないのですが、いるんだから対応できないか、といった他部門の人間の声に押される形で休日労働すべき主たる業務内容以外の対応を実施したりするケースがあります。
この為、休日労働をする合理的理由は、前出の「土日祝日でも必ず対応している業務」のみであると考えるのですが、いかがでしょうか。

また、一般論としての質問となりますが、休日労働命令はおこなうべき合理的理由が発生して実施し、その事由が終了次第、業務終了し帰宅する(例えば営業規則上定時が9~17時でも主たる事由の業務終了次第帰宅)というものではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 村の長老 さん2017年09月10日 09:02
まず会社で現在有効の36協定あるいは協定届をご覧ください。

質問にあるように業務内容を書くこともありますが部署名のみの場合もあります。貴事業場の協定は業務列記してあるのですね。であれば、それが自分には該当しない場合、当然にその協定による休日労働はさせられないことになります。当たり前ですが、協定している範囲内でしかさせることはできません。また協定が有効であるとしても、就業規則休日労働を命じる規定がない限り、命令でさせることはできません。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん2017年09月10日 10:11
村の長老様
回答、ありがとうございます。

> まず会社で現在有効の36協定あるいは協定届をご覧ください。
>
> 質問にあるように業務内容を書くこともありますが部署名のみの場合もあります。貴事業場の協定は業務列記してあるのですね。であれば、それが自分には該当しない場合、当然にその協定による休日労働はさせられないことになります。当たり前ですが、協定している範囲内でしかさせることはできません。

→協定は、全業務に対して有効ですので、通常の営業日に行っている全業務ができます。

また協定が有効であるとしても、就業規則休日労働を命じる規定がない限り、命令でさせることはできません。

就業規則にも休日労働の規定がありますので、命令可能です。
時間外や休日に行うことができる業務は36協定就業規則ですべて規定されており、平日の通常営業日と同様の内容を行うことができる規定です。

休日勤務すべき事由が「土日祝日でも必ず対応している業務」があるため、休日勤務が発生しています。
基本的にその業務以外は土日祝日に対応する必要が非常に小さいものです。
昨今の長期労働の削減や、休日出勤の削減の問題も叫ばれていますため、休日出勤命令を出す合理的理由が「土日祝日でも必ず対応している業務」のみであり、その業務以外は対応しなくてもよいのではないかと思うのですが、いいかがでしょうか。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 村の平民 さん2017年09月10日 11:33
① 休日出勤命令を出す合理的理由が「土日祝日でも必ず対応している業務」のみでありながら、その業務以外を誰が命じるのでしょうか。

② その命令をする者(A)が命令権を持っているのであれば、Aが命令する業務はその日時に実行する必要がある筈です。

③ しかし、その必要はなく、平日にその業務を実行して足りると推察できる文言を既に述べておられます。

④ 以上のことから言えば、Aの命令は貴社の企業統治(ガバナンス)の乱れと言えます。
 その命令に服するか否かを言う前に、企業統治の乱れをただすことが先決事項ではないでしょうか。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん2017年09月10日 13:08
michio 様

ありがとうございます。

いただいた回答より、改めて休日勤務に対しての向き合い方を議論しなければならないと感じました。
なお、私は衛生管理者免許を取得していますが(事業所の衛生管理者として登録されているわけではない)、取得者として、質問のような現在の休出勤務の問題点の提言などは積極的に行うべきでしょうか?

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 村の長老 さん2017年09月10日 17:57
質問者さんの回答より、協定や就業規則については規定があり逸脱した命令ではないとのことですね。とすれば、その業務命令の内容に疑義を持たれているということでしょうか。

残念ながらもうこの場で回答はできないことになります。というのも、業務命令の内容は、法違反行為の命令でない限り、裁判においても非常に高度な経営判断である証明の論戦となるからです。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん2017年09月11日 01:39
村の長老さま
ご回答、ありがとうございます。

> 質問者さんの回答より、協定や就業規則については規定があり逸脱した命令ではないとのことですね。とすれば、その業務命令の内容に疑義を持たれているということでしょうか。

→その通りです。

> 残念ながらもうこの場で回答はできないことになります。というのも、業務命令の内容は、法違反行為の命令でない限り、裁判においても非常に高度な経営判断である証明の論戦となるからです。

→裁判での判断にまでなるようなことを前提にお話を伺いたいわけではありません(もちろん法的にはいろいろあると思いますが、、、)。
前述している、「休日業務(とそれに付随する業務)」を実施することにはまったく疑問を抱いていません。
社会通念上として、基本的には「休日業務を行わなければならない事柄」が合理的な休出理由であり、その業務が終了したら、休出理由が終了すると思っているのですがいかがでしょうか。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 村の長老 さん2017年09月11日 08:47
> →裁判での判断にまでなるようなことを前提にお話を伺いたいわけではありません(もちろん法的にはいろいろあると思いますが、、、)。
> 前述している、「休日業務(とそれに付随する業務)」を実施することにはまったく疑問を抱いていません。
> 社会通念上として、基本的には「休日業務を行わなければならない事柄」が合理的な休出理由であり、その業務が終了したら、休出理由が終了すると思っているのですがいかがでしょうか。

とすれば、業務命令は有効であると考えられているのですね。で、その業務が終了すれば、簡単に言えば帰宅していいか?ということでしょうか。「その業務が終了したら、休出理由が終了する」というのは誰もが異論のないところだと思います。問題は終了であればどうしたいのか?によるのではないでしょうか。
①業務が終了したので、指示がなくても帰宅してよい。
②業務は終了したが、指示あるまで帰宅はできない。
ということでしょうか。であれば法というより会社規定や慣習等による事となるでしょうね。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 猫日和 さん2017年09月11日 09:40
横から失礼します。
話が抽象的なので、何やらごちゃごちゃになっているように見えます。

例えば(極端な例ですが)会社で犬を飼っているとします。
犬の散歩、エサやり等は毎日しなければならないので、土日祝日にもそのために出勤する必要があり、輪番となっている。
犬の世話のために休日に出勤しろという業務命令は納得しているし、36協定就業規則上も問題はない。
しかし「出勤しているのだったらついでに会議資料のコピーもしておいてくれ」といった作業を頼まれるのは休日出勤の趣旨とは外れるため、やる必要はないですよね?犬の世話が終わったら帰っていいですよね?

…というご相談ではないでしょうか。
私は回答は持ち合わせないのですが(すみません)、論点がずれて必要以上にややこしい議論になっているように見えたので。

Re: 休出時の業務命令内容とその業務以外について

著者 J.K. さん2017年09月11日 11:36
猫日和様

ご確認ありがとうございます。
端的に言うとおっしゃる通りです。
休日労働の定義やすべき理由がなし崩しになりやすく、困っており、この相談でした。
1~12  (12件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク