スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > レクレーション費用の使い道について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

レクレーション費用の使い道について

著者 いない さん最終更新日:2017年09月12日 15:34
懇親会として食事に行き、お土産を付けるといのは一般的におかしいでしょう?

例えばレクレーション費用が年間¥10000使える場合、食事会に¥5000、お土産に¥5000という具合です。

規程ではそこまで具体的に書いてないのです。が、「こんな使い方はダメだ」と一方的に言われた経緯があり、今労使間で話し合っている最中で、上記のような使い方を認めてもらう様、提案をしようと思っております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: レクレーション費用の使い道について

著者 ぴぃちん さん2017年09月12日 15:48
個人的な意見になってしまいますが、
一般的に、と聞かれても、何をもって一般的と解釈するのかは、わかりませんので、個人個人において、お返事が異なるかと思います。

会社の懇親会において、食事をして場所によっては御土産を含めることは可能とは思いますが(ビンゴゲームとかあればその景品はそれにあたるかとも思います)、その判断は、最終的には、会社のレクリエーション費用から出されるのであれば、会社の方針によって判断されることになります。
飲食にかかる費用はよくて、物品に対する費用はだめ、というのも判断としては、ありかとは思います。

ゆえに、実際の考えることを、御社の判断をされる方にお聞きして、よいかどうかを判断してもらうことで対応されることになるかと思います。

他社がこうであるから、御社でもそうしなければいけない、ということはありませんから。



> 懇親会として食事に行き、お土産を付けるといのは一般的におかしいでしょう?
>
> 例えばレクレーション費用が年間¥10000使える場合、食事会に¥5000、お土産に¥5000という具合です。
>
> 規程ではそこまで具体的に書いてないのです。が、「こんな使い方はダメだ」と一方的に言われた経緯があり、今労使間で話し合っている最中で、上記のような使い方を認めてもらう様、提案をしようと思っております。
>
>

Re: レクレーション費用の使い道について

著者 村の平民 さん2017年09月12日 17:27
① 他に異なるご意見があり得ることをご承知置き下さい。

② 「お土産」費用として現金を支給すれば、その金額は各受給者の給与収入となると考えます。
 その月の給与計算の支給項目を「お土産代」などしその金額を計上し、控除項目に同項目名で同金額を計上します。
 これで、労働保険料・所得税の対象になります。理論上は社会保険賞与扱いとも考えられますが、そこまではしなくてもと思います。

③ お土産代として現金渡しでなく、お土産現物のばあい、換金性のある物であれば、現金と同様になるでしょう。

④ 換金性がなくとも、高額であれば「現物給与」と見做される恐れがあります。その額は曰く言いがたしです。
 5千円当たりは危険ラインと言えそうです。

⑤ 一般的には、直接懇親会の費用として要した額以上に、各参加者に現物であってもお土産を給付するのはやや常識外れのように思います。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク