スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 賃貸契約と家賃の支払

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

賃貸契約と家賃の支払

著者 846tibi さん最終更新日:2017年09月27日 16:29
グループ会社間でフロア使用の賃貸契約を交わしています。毎月1日までに次の月の家賃を支払っていました。 もちろん賃貸契約もそのように書かれていますので、
今回、貸している側の経理から1日が休みの場合、今まで前倒しに支払っていた家賃の支払いを止めて次の月第一営業日に入れてほしいと言われました。 グループ会社間と言えども法人は違います。契約書を無視し経理が勝手に変更して良いものでしょうか。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 賃貸契約と家賃の支払

著者 ぴぃちん さん2017年09月28日 07:18
私見ですが、御社における、その内容に関わる責任者が判断し、決済することになるかと思います。
それが、御社において、経理部長でよいkどうか、までは御社のルールからご判断ください。

支払い日が休日であった場合に、その支払いを前にするのか、後にするのか、も契約であると考えます。
前であったものを、後にしてよいのかどうか、については、御社における経理部門の責任者を含めて判断することになろうかと思います。
御社における他の経理処置の関係、等がかかわってくるとも、思いますが、支払い方法の変更についての責任を取れる方が、御社での経理処理が煩わしくなるかどうかを含めて、判断になるのではないかと、推測します。
一時的なことであれば、経理部門だけの判断でもよいかと思われますが、契約書の内容に踏み込んでいる場合には、その責任が取れる方が決済することになろうかと思います。



> グループ会社間でフロア使用の賃貸契約を交わしています。毎月1日までに次の月の家賃を支払っていました。 もちろん賃貸契約もそのように書かれていますので、
> 今回、貸している側の経理から1日が休みの場合、今まで前倒しに支払っていた家賃の支払いを止めて次の月第一営業日に入れてほしいと言われました。 グループ会社間と言えども法人は違います。契約書を無視し経理が勝手に変更して良いものでしょうか。 
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク