スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 標準報酬月額について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

標準報酬月額について

著者  餅人間 さん 最終更新日:2017年10月03日 10:19
毎回、初歩的な質問で申し訳ございませんが
ご回答いただけると幸いです…。

当社には75歳以上の社員が在籍しているのですが、
7月、算定基礎届と共に提出した『厚生年金保険 70歳以上被用者 標準報酬月額相当額改定および標準賞与額相当額のお知らせ』の決定後の控えが先日、日本年金機構から届きました。

75歳以上でも標準報酬月額相当額が決定されていますが、
年齢により資格喪失しているので、これまで通り、社会保険料は給与から控除しないままで良いのですよね?

少し心配になってしまって、質問致しました…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 標準報酬月額について

著者  村の平民 さん 2017年10月03日 12:59
① 75歳以上であれば、当然厚生年金は70歳到達で、健康保険は75歳到達で、それぞれ被保険者になって居ません。

② 従って、両保検とも保険料を徴収・納付することはありません。

③ ただし、在職し賞与を支払っていれば、その賞与額により本人が受給して居ると想像できる「厚生年金受給額」の一部支給停止額に影響があり得ます。
 その影響は、本人の個人情報の一部ですから、会社は知り得ません。

Re: 標準報酬月額について

著者  グレゴリオ さん 2017年10月04日 07:11
僭越ながら・・・

> ③ ただし、在職し賞与を支払っていれば、その賞与額により本人が受給して居ると想像できる「厚生年金受給額」の一部支給停止額に影響があり得ます。

老齢厚生年金在職老齢年金の調整については、65歳以上被保険者と同じです。毎月の標準報酬月額と過去1年の標準賞与額の12分の1と老齢厚生年金の額により調整が行われます。年金+標準報酬月額が高額であればそれだけで調整が発生します。賞与を支払っているかどうかが条件ではありません。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク