スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 旅費について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

旅費について

著者  総務担当者 初心者 さん 最終更新日:2017年10月06日 11:14
出張で10/1,10/2と会議が二つあってそれぞれ違う団体のところから旅費が出ている場合、それぞれ別の会議なので旅費(飛行機代往復)はそれぞれもらうのは法的に問題ないのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 旅費について

著者  ぴぃちん さん 2017年10月06日 12:31
総務担当者 初心者さんがどのような立場でご質問されているのかわかりませんが、旅費というのが実費分であれば、経費としては問題ないかと思います。

会社の従業員としてであれば、実費分でなく旅費が実費を上回っているのであれば、給与に相当する部分があるかと思います(所得税においてです)。



> 出張で10/1,10/2と会議が二つあってそれぞれ違う団体のところから旅費が出ている場合、それぞれ別の会議なので旅費(飛行機代往復)はそれぞれもらうのは法的に問題ないのでしょうか。

Re: 旅費について

著者  総務担当者 初心者 さん 2017年10月06日 12:42
満額の飛行機往復代もらっててまた別の団体から往復の飛行機代をもらうのは二重請求に当たるような気がします。実際は1往復なので実費はかなりもらう額より少ないです。

Re: 旅費について

著者  ぴぃちん さん 2017年10月06日 13:09
私見です。
これが実費支給の考えであれば、1往復+1宿泊において、2往復分を請求することは実費を請求していないので、倫理的にはよろしくないと個人的には考えます。

ただ、その件について、1往復+1宿泊であることを伝えた上でも、支払う側が、ぞれぞれ1往復分を支払うとするのであれば、法に抵触するような問題は生じていないように思えます(詳細な状況を理解していませんので、個人的な印象です)。

実費精算の場合に、領収証を利用することはありますが、それを求められることがあるとすれば、どのように対応されるのでしょうかね。



> 満額の飛行機往復代もらっててまた別の団体から往復の飛行機代をもらうのは二重請求に当たるような気がします。実際は1往復なので実費はかなりもらう額より少ないです。
>

Re: 旅費について

著者  総務担当者 初心者 さん 2017年10月06日 14:41
>10/1最初の会議は証拠書類が一切いらないで飛行機も満額で1泊2日分日当も含めもらえる会議。本来は10/2に飛行機で帰る予定で、そこまでは問題なかったのですが、また同じ東京で別の団体の会議が10/3あり、これは朝早いため前泊(10/2-10/3)で元々出す予定にはなっていたんですが証拠書類がいるため、行きは10/1の飛行機の半券ではおかしいので帰り10/3の半券だけ使って帰りの飛行機代を、10/3会議実施団体から請求するのはおかしいでしょうか。パックでとっているため領収書の金額から宿泊代を引いてそれを半分を分ければ帰りの飛行機代として請求できるとは思うんですが、はたして満額の飛行機代もらって安いパックを買っておきながら10/2の宿泊代と10/3までの日当は払うけど帰りの飛行機代もまた請求するのはおかしいんじゃないかと思いまして。
片道請求になるので10/3の会議の旅費は本来より安く請求するのでそういう面で言えばいいような気もしますし、モラル的にどうなのか悩んでいます。総務の立場として。

Re: 旅費について

著者  hitokoto2008 さん 2017年10月06日 16:24
個人的には、A団体はA団体の話、B団体はB団体の話だと思います。
「他団体で旅費が支給されていても、当団体では当団体規定により支給します」
が一般的でしょう。
特に役所関係だと、損得勘定よりも規定に沿って支出しているかどうかに重点が置かれると思いますし、公益法人だと監督官庁があるため、税務署による所税務調査も少ないので、それぞれの団体でダブっているという認識は少ないはずです。
私が団体に在職していた頃は、旅費の起点は自宅から計算するように規定されていました。
何かの事情で、その時点で滞在しているところから旅費を途中計算するようには規定されていませんでした。
なお、A団体とB団体間に関係性が存在し(例えば資本関係のようなもの)、関連団体から旅費等が支給される場合、「支払わない」又は「その差額を支給する」というように規定されているケースもあります。
本来重複して支給される場合、税務当局の課税対象になってもおかしくないわけですが、税務調査に自ら申告するか?
税務官が個人を辿って調査しない限り、わからないのが実態でしょうね。
なお、民間法人サイドで考えれば、支出費用が少ないほうがよいわけですから、A団体さんから出るなら、会社としては出したくないという考え方もあります。
一番簡単なのは、当該支給団体に問い合わせることです。
手出しになることは避けて、あくまでも返還部分があるなら返還すべきだと思います。
くれぐれも、差額を儲けようとは思わないことですね(苦笑)

因みに、航空券の証憑を添付する場合、往復の航空券代が確認できればよいだけですから、その間に空白の1日が存在したとしても、その日は出張ついでに私用で宿泊した(例えば友人と会ったでもよい)とすれば問題ないでしょう。
支払う側としては、規定通りに支払われているかどうかが確認できれば問題ないと思いますけどね。




> >10/1最初の会議は証拠書類が一切いらないで飛行機も満額で1泊2日分日当も含めもらえる会議。本来は10/2に飛行機で帰る予定で、そこまでは問題なかったのですが、また同じ東京で別の団体の会議が10/3あり、これは朝早いため前泊(10/2-10/3)で元々出す予定にはなっていたんですが証拠書類がいるため、行きは10/1の飛行機の半券ではおかしいので帰り10/3の半券だけ使って帰りの飛行機代を、10/3会議実施団体から請求するのはおかしいでしょうか。パックでとっているため領収書の金額から宿泊代を引いてそれを半分を分ければ帰りの飛行機代として請求できるとは思うんですが、はたして満額の飛行機代もらって安いパックを買っておきながら10/2の宿泊代と10/3までの日当は払うけど帰りの飛行機代もまた請求するのはおかしいんじゃないかと思いまして。
> 片道請求になるので10/3の会議の旅費は本来より安く請求するのでそういう面で言えばいいような気もしますし、モラル的にどうなのか悩んでいます。総務の立場として。

Re: 旅費について

著者  ぴぃちん さん 2017年10月06日 16:40
それぞれの支払う団体がそのことを是とすれば、よいになるかと思います。

相手側がそのように支払うとしているのか、対象者さんが個別にに請求しているのかわかりません。
対象者さんが、2泊3日+1往復であることを、先方に伝えた上で、それぞれ1往復分を支給されるのであれば、問題は生じないと思います。

宿泊パックですと、宿泊も航空券費用も一緒になっていませんですかね。明細に個別に記載がある場合にはそれぞれの費用がわかりやすいことありますが、明細がそれぞれに別れていない場合には、航空券分の費用がわかりにくい場合もあるかもしれません。

モラルを求めるのであれば、事実を伝えて、その結果相手がどのように支払うのかを確認することになろうかと思います。その結果、2泊分+2往復になるのであれば、実際とは異なるものの問題になることはないかと思います。
お返事は相手側の判断によるのではないでしょうか。



> >10/1最初の会議は証拠書類が一切いらないで飛行機も満額で1泊2日分日当も含めもらえる会議。本来は10/2に飛行機で帰る予定で、そこまでは問題なかったのですが、また同じ東京で別の団体の会議が10/3あり、これは朝早いため前泊(10/2-10/3)で元々出す予定にはなっていたんですが証拠書類がいるため、行きは10/1の飛行機の半券ではおかしいので帰り10/3の半券だけ使って帰りの飛行機代を、10/3会議実施団体から請求するのはおかしいでしょうか。パックでとっているため領収書の金額から宿泊代を引いてそれを半分を分ければ帰りの飛行機代として請求できるとは思うんですが、はたして満額の飛行機代もらって安いパックを買っておきながら10/2の宿泊代と10/3までの日当は払うけど帰りの飛行機代もまた請求するのはおかしいんじゃないかと思いまして。
> 片道請求になるので10/3の会議の旅費は本来より安く請求するのでそういう面で言えばいいような気もしますし、モラル的にどうなのか悩んでいます。総務の立場として。

Re: 旅費について

著者  一読難解 さん 2017年10月07日 09:13
1.会社命令での出張を前提にすれば、旅費・日当は自分の会社規定で個人に支払う。
2.他の会社から実費旅費を請求できるなら、請求できた分は会社勘定の収入計上です。
3.会社名で請求書を発行して精算することで、明確に整理でき、悩むことはないです。
4.個人的な損得は1の会社内ルールで処理することになります。以上



> >10/1最初の会議は証拠書類が一切いらないで飛行機も満額で1泊2日分日当も含めもらえる会議。本来は10/2に飛行機で帰る予定で、そこまでは問題なかったのですが、また同じ東京で別の団体の会議が10/3あり、これは朝早いため前泊(10/2-10/3)で元々出す予定にはなっていたんですが証拠書類がいるため、行きは10/1の飛行機の半券ではおかしいので帰り10/3の半券だけ使って帰りの飛行機代を、10/3会議実施団体から請求するのはおかしいでしょうか。パックでとっているため領収書の金額から宿泊代を引いてそれを半分を分ければ帰りの飛行機代として請求できるとは思うんですが、はたして満額の飛行機代もらって安いパックを買っておきながら10/2の宿泊代と10/3までの日当は払うけど帰りの飛行機代もまた請求するのはおかしいんじゃないかと思いまして。
> 片道請求になるので10/3の会議の旅費は本来より安く請求するのでそういう面で言えばいいような気もしますし、モラル的にどうなのか悩んでいます。総務の立場として。
1~8  (8件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク