スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 始業後のラジオ体操参加義務について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

始業後のラジオ体操参加義務について

著者 タテジマ さん最終更新日:2017年10月11日 11:17
弊社は8時30~17時25分(休憩60分)を就業時間としておりますが、これまで8時25分から放送していた任意参加のラジオ体操を8時30分から放送することを検討しております。
始業後のラジオ体操ですので、業務の一部であり従業員にとっては強制参加となると思います。

その場合、妊婦への配慮や運動が苦手な人への配慮は必要となるでしょうか。(就業規則に不参加でも可と明記する等)
また、そもそもラジオ体操という通常業務と関係性が薄い行為への参加を義務付けること自体が、マタハラやパワハラ等に該当する可能性があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 始業後のラジオ体操参加義務について

著者 村の平民 さん2017年10月11日 13:43
① 始業時刻以後のラジオ体操への参加は、強制できると考えます。

② 就業規則に、妊婦や健康上に障害がある人について不参加を認める規定を設けることはよいと思います。
 運動が苦手な人の不参加を認めるのは、ラジオ体操実施の趣旨からすれば、不適当だと思います。

③ 会社がラジオ体操に参加を求める意義は、労働者の健康維持を図ったものだと思えるからです。
 労働者の健康維持を図るのはのは、会社の責任だといえるからです。

④ それゆえ、質問にある「通常業務と関係性が薄い行為への参加を義務付けること自体が、マタハラやパワハラ等に該当する可能性」は無いと考えます。

Re: 始業後のラジオ体操参加義務について

著者 ぴぃちん さん2017年10月11日 17:13
始業後にラジオ体操をすることには参加になっても問題ないかと思います。
結果として、業務命令によるラジオ体操であれば、業務として行ってもらうことは可能と思います。
妊婦さんや傷病にて療養中の方への配慮は必要になるかと思いますが、就業規則として規定してもよいでしょうし、そこまでしなくてもよいかとも思いますし、参加できない場合の申請方法によって対応する等の方法もできるのかな、と思います。

業務としての一環であれば、ラジオ体操をおこなうことは、パワハラには該当しないと思います。



> 弊社は8時30~17時25分(休憩60分)を就業時間としておりますが、これまで8時25分から放送していた任意参加のラジオ体操を8時30分から放送することを検討しております。
> 始業後のラジオ体操ですので、業務の一部であり従業員にとっては強制参加となると思います。
>
> その場合、妊婦への配慮や運動が苦手な人への配慮は必要となるでしょうか。(就業規則に不参加でも可と明記する等)
> また、そもそもラジオ体操という通常業務と関係性が薄い行為への参加を義務付けること自体が、マタハラやパワハラ等に該当する可能性があるのでしょうか。
>
> よろしくお願いします。
>

Re: 始業後のラジオ体操参加義務について

著者 タテジマ さん2017年10月12日 08:34
回答ありがとうございました。
妊婦や健康上支障がある方にも配慮しつつ、進めていきたいと思います。
1~4  (4件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク