スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 中間納付税額の還付がある場合

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

中間納付税額の還付がある場合

著者  杉山商店 さん 最終更新日:2017年10月17日 10:09
前期利益が出て中間納付をし、今期赤字となった場合の税金関係仕訳についての質問です。
中間納付が法人税100,000円・県民税均等10,000円・市民税25,000円を納付し、
決算赤字で法人税0、県民税均等割20,000円、市民税均等割50,000円という場合
(簡単にするため市県民税の法人税割・事業税は省いてあります)

中間納付時:仮払税金135,000/現金135,000
決算時:法人税等70,000/仮払税金135,000
    未収入金100,000/法人税等充当金35,000
翌期:法人税等充当金35,000/現金35,000
還付時:現金100,000/未収入金100,000
という仕訳でよいでしょうか?
別表五(一)、別表五(二)、別表四の記載はどうすればいいでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する
1~1  (1件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク