スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 前年度計上漏れの計上方法

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

前年度計上漏れの計上方法

著者 Biki さん最終更新日:2017年11月03日 03:45
お世話になります。

新しい職場で会計事務をしています。
決算のため、前期からの残確認中ですが、短期借入金返済受け入れの計上漏れ前年度にあるのを見つけました。

上のものは、今期期初に受け入れたように計上しておけばよいとの判断ですが
それでよいものでしょうか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 前年度計上漏れの計上方法

著者 村の平民 さん2017年11月03日 15:38
① 「短期借入金返済受け入れの計上漏れ」とは何でしょうか。
 もう少し詳しくその内容を書いて下さい。

② 短期借入金貸方に残高があるものです。
 これを返済すると、その残高は返済した額だけ残高が減少します。

③ 質問文中の「返済受け入れ」とは、やや理解しにくい表現です。一般的には、短期借入金を返済したことは「短期借入金を返済した」と表現すると思います。「受け入れ」とは言わないでしょう。

④ 短期貸付金の返済を受けたことは、一般的には「返済受け入れ」と表現されるでしょう。

⑤ まず、この表現の理解ができるようにして下さい。

⑥ もし、前記④の表現が正しいとすれば、「計上漏れが前年度にあるのを発見」したのは極めて奇異なことです。
 前年度に短期貸付金の返済を受けていながら、それがどこかに消えていたことになります。良くても科目間違え、最悪の場合は横領かも知れません。

⑦ まず、⑤と⑥後段の疑問を解いてから、再質問されることをお勧めします。
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク