スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 所定休日の任意出勤取扱いについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

所定休日の任意出勤取扱いについて

著者 yseastjoe さん最終更新日:2017年11月07日 14:04
いつもお世話になっております。
毎回、大変参考にさせていただいております。

弊社は従業員約170名の中小IT企業です。大手の下請作業が90%程度です。
就業体系はフレックスタイム制です(コアタイム13:00-14:00)。
従業員の大半が当社の客先に常駐しての作業であり、日常、全従業員間のコミュニケーションがなかなか取れないため、今後、毎月、基本第1土曜日について
(1)勤務日ではない(所定休日
(2)会社としては休日ですが、社員間のコミュニケーションを図ることを目的として、午後2~3時間のイベントを開催予定。参加はもちろん本人の自由とし、当然、参加しないことによるペナルティは一切なし。
(3)勤務日ではありませんが、イベント参加のために出てきた従業員は、イベント参加時間分は勤務時間としてつけてよいことにする。

上記のルールで土曜日イベントを実施しようとする場合、
a.参加した従業員に対する休日出勤扱いの要否(休日手当等)
b.参加した従業員が、もし参加時(開催場所までの移動時を含む)に発生した事故等により、怪我した場合の対応(労災認定など)の要否
について、ご教示願えませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 所定休日の任意出勤取扱いについて

著者 ぴぃちん さん2017年11月07日 15:56
月1回の土曜日において、会社が出勤扱いとするのであれば、時間外労働としての賃金は必要になる、と考えます。

イベントの内容によりますが、日常の出勤と同じように、出勤してそのイベントをおこなって怪我をしたのであれば、業務としての怪我といえるかもしれません。しかし、任意参加ですと、会社主催であっても、業務遂行性が認められない可能性があります。そうであれば、労災と認定されないかもしれません。最終的には労災の認定は労働基準監督署がおこないますから、その判断によります。
労災でないとされた場合には、怪我の治療は健康保険になります。



> いつもお世話になっております。
> 毎回、大変参考にさせていただいております。
>
> 弊社は従業員約170名の中小IT企業です。大手の下請作業が90%程度です。
> 就業体系はフレックスタイム制です(コアタイム13:00-14:00)。
> 従業員の大半が当社の客先に常駐しての作業であり、日常、全従業員間のコミュニケーションがなかなか取れないため、今後、毎月、基本第1土曜日について
> (1)勤務日ではない(所定休日
> (2)会社としては休日ですが、社員間のコミュニケーションを図ることを目的として、午後2~3時間のイベントを開催予定。参加はもちろん本人の自由とし、当然、参加しないことによるペナルティは一切なし。
> (3)勤務日ではありませんが、イベント参加のために出てきた従業員は、イベント参加時間分は勤務時間としてつけてよいことにする。
>
> 上記のルールで土曜日イベントを実施しようとする場合、
> a.参加した従業員に対する休日出勤扱いの要否(休日手当等)
> b.参加した従業員が、もし参加時(開催場所までの移動時を含む)に発生した事故等により、怪我した場合の対応(労災認定など)の要否
> について、ご教示願えませんでしょうか?
>
> よろしくお願いいたします。
>
>

Re: 所定休日の任意出勤取扱いについて

著者 yseastjoe さん2017年11月07日 16:40
早速の回答ありがとうございました。
更なる質問で恐縮ですが、
この場合、休日割増賃金の支払義務はありますでしょうか?
(1)就業体系 フレックスタイム制
(2)締結している「フレックスタイム制労使間協定書」では
  法定休日出勤時は休日割増賃金を支払う旨記載がありますが、
  法定休日以外については記載はありません。

よろしくお願いします。


> 月1回の土曜日において、会社が出勤扱いとするのであれば、時間外労働としての賃金は必要になる、と考えます。
>
> イベントの内容によりますが、日常の出勤と同じように、出勤してそのイベントをおこなって怪我をしたのであれば、業務としての怪我といえるかもしれません。しかし、任意参加ですと、会社主催であっても、業務遂行性が認められない可能性があります。そうであれば、労災と認定されないかもしれません。最終的には労災の認定は労働基準監督署がおこないますから、その判断によります。
> 労災でないとされた場合には、怪我の治療は健康保険になります。
>
>
>
> > いつもお世話になっております。
> > 毎回、大変参考にさせていただいております。
> >
> > 弊社は従業員約170名の中小IT企業です。大手の下請作業が90%程度です。
> > 就業体系はフレックスタイム制です(コアタイム13:00-14:00)。
> > 従業員の大半が当社の客先に常駐しての作業であり、日常、全従業員間のコミュニケーションがなかなか取れないため、今後、毎月、基本第1土曜日について
> > (1)勤務日ではない(所定休日
> > (2)会社としては休日ですが、社員間のコミュニケーションを図ることを目的として、午後2~3時間のイベントを開催予定。参加はもちろん本人の自由とし、当然、参加しないことによるペナルティは一切なし。
> > (3)勤務日ではありませんが、イベント参加のために出てきた従業員は、イベント参加時間分は勤務時間としてつけてよいことにする。
> >
> > 上記のルールで土曜日イベントを実施しようとする場合、
> > a.参加した従業員に対する休日出勤扱いの要否(休日手当等)
> > b.参加した従業員が、もし参加時(開催場所までの移動時を含む)に発生した事故等により、怪我した場合の対応(労災認定など)の要否
> > について、ご教示願えませんでしょうか?
> >
> > よろしくお願いいたします。
> >
> >

Re: 所定休日の任意出勤取扱いについて

著者 いつかいり さん2017年11月08日 04:16
客先常駐がフレックスとなじむのかはさておき、フレックス対象者での考察とします。

その週、法定休日をどう定めてあるかにより、

法定休日:フレックスの累計時間に組み込まず、36協定で許容された範囲での法定休日労働として135%割増賃金支払いとなります。

法定外休日:フレックスタイムの累計時間に組み込まれ、時間外労働かは、清算期間末の判定になります。別途休日手当(法定の割増賃金ではない)支払うのは就業規則支払い規定によります。ただしその手の手当は割増賃金の基礎に含まれます。

法定休日が曜日特定してあるなら、特段問題はありませんが、そうでない場合、同一の参加でありながら、かたやフレックス、かたや法定休日労働と処遇が違うはめになります。

Re: 所定休日の任意出勤取扱いについて

著者 yseastjoe さん2017年11月08日 11:10
ご回答ありがとうございました。
当社の就業規則記載内容を確認したところ、法定休日がいつなのか
(曜日限定など)明記されておりませんでした。
その辺についても今後の改善課題として検討します。
ありがとうございました。


> 客先常駐がフレックスとなじむのかはさておき、フレックス対象者での考察とします。
>
> その週、法定休日をどう定めてあるかにより、
>
> 法定休日:フレックスの累計時間に組み込まず、36協定で許容された範囲での法定休日労働として135%割増賃金支払いとなります。
>
> 法定外休日:フレックスタイムの累計時間に組み込まれ、時間外労働かは、清算期間末の判定になります。別途休日手当(法定の割増賃金ではない)支払うのは就業規則支払い規定によります。ただしその手の手当は割増賃金の基礎に含まれます。
>
> 法定休日が曜日特定してあるなら、特段問題はありませんが、そうでない場合、同一の参加でありながら、かたやフレックス、かたや法定休日労働と処遇が違うはめになります。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク