スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 海外赴任者の給与や社会保険についての本

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

海外赴任者の給与や社会保険についての本

著者 うずぷる さん最終更新日:2017年11月13日 19:41
詳しい方ご教示ください。
海外子会社に出向が決まったときに行う一連の業務が詳しく書いてある本を教えていただけますでしょうか。
給与や社会保険に関わることがわかりやすく書いてあると大変有り難いです。
本ではなくても、わかりやすいものであれば何でも結構です。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 海外赴任者の給与や社会保険についての本

著者 ユキンコクラブ さん2017年11月14日 08:22
難しいでしょうね。。。
海外といっても世界中どこでも同じというわけにもいきません。
給与一つとっても、
御社から支給されるのか、出向先からの給与支給はないのか、外国口座への振込が必要なのか。。。。など、契約内容で大きく異なります。
その都度、その社員に合った対応になるかと思います。
赴任先によっては、通常は接種しない予防接種なども必要になることも有ります。

私が経験した部分だけの紹介になりすが、その都度、それぞれの官公庁や産業医に確認されるとよいでしょう。

1.予防接種。。。。必要になる場合が有るので、赴任先ごとに確認。同時接種ができないことも有るので、医師にスケジュール確認を。

2.給与 税金に関しては税務署へご相談を。御社から支給される給与でも、役員として支給する報酬従業員として支給する給与では取り扱いが異なります。

3.給与 健康保険厚生年金は年金機構(年金事務所)へ。御社から給与が支払われている以上、健康保険厚生年金は加入できますが、海外での健康保険証は使えません。療養費の請求が必要になる場合も。。。海外勤務の生命保険等で対応する必要も出てくることも有りますので、民間保険会社にも相談が必要になることも。。。
住民票を国内に残さない場合は、40歳以上の介護保険料は免除になりますが、手続きも必要です。

4.給与 雇用保険については、ハローワークへ。給付を受けている場合は海外への送金はされません。また、海外勤務中に離職しても、日本のハローワークでの手続きが必要です。

私の場合は、出向が決まった都度、問い合わせていました。法律が変わることも有りますので、その都度の対応が必要になるでしょう。

Re: 海外赴任者の給与や社会保険についての本

著者 うずぷる さん2017年11月15日 08:26
ユキンコクラブさん
ご回答ありがとうございました。
その都度問い合わせの必要がありますよね。
ありがとうございました。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク