スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 給与と解雇予告手当の支払い日について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 そうむ51 さん最終更新日:2017年11月14日 18:04
急ですが、11/20に懲戒解雇を通知し即日解雇をする予定です。
弊社の給料締め日は20日で支払い日は月末です。
その場合、解雇予告手当(30日分)の支払い日は11/20で
11/20〆分の給与の支払い日は11/30で良いのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 ton さん2017年11月14日 18:56
> 急ですが、11/20に懲戒解雇を通知し即日解雇をする予定です。
> 弊社の給料締め日は20日で支払い日は月末です。
> その場合、解雇予告手当(30日分)の支払い日は11/20で
> 11/20〆分の給与の支払い日は11/30で良いのでしょうか?


こんばんは。
問題ないと思います。
解雇予告手当は退職金ですから『退職所得の受給に関する申告書』の提出が必要です。
申告書がなければ所得税の計算も忘れずにしてください。
申告書がある場合は通常の退職金として処理してください。
とりあえず。

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 いつかいり さん2017年11月14日 20:30
労基法23条により、退職者の請求があれば、支払日を待たず7日以内の支払いが強制されます。

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 ぴぃちん さん2017年11月15日 07:48
解雇予告手当は即日ですが、賃金については退職者からの請求があれば、給与の支払いも退職後7日以内にしなければなりません。


労働基準法金品の返還
第二十三条 使用者は、労働者の死亡又は退職の場合において、権利者の請求があつた場合においては、七日以内に賃金を支払い、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。



> 急ですが、11/20に懲戒解雇を通知し即日解雇をする予定です。
> 弊社の給料締め日は20日で支払い日は月末です。
> その場合、解雇予告手当(30日分)の支払い日は11/20で
> 11/20〆分の給与の支払い日は11/30で良いのでしょうか?

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 そうむ51 さん2017年11月16日 11:41
ありがとうございました。
20日まで時間はあまりないですが、しっかり会社側としてのやるべきことは
しっかりしておこうと思います。

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 そうむ51 さん2017年11月16日 11:43
相手から請求があれば7日以内の支払いをするように手配します。
ありがとうございました。

Re: 給与と解雇予告手当の支払い日について

著者 そうむ51 さん2017年11月16日 11:50
賃金以外にも7日以内に返還の必要があるんですね。
その点は盲点でした。ありがとうございました。
1~7  (7件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク