スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 3ヶ月単位契約更新アルバイトの有給休暇

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

3ヶ月単位契約更新アルバイトの有給休暇

著者 すえさん さん最終更新日:2017年11月14日 21:55
3ヶ月単位で契約更新をしているアルバイト社員がいます。
勤務時間は一般社員が8時間のところ7時間で月曜から金曜日出勤です。

この場合、6か月以上(3回目に更新以降)有給休暇を付与する必要はあるでしょうか。
雇用保険社会保険には加入しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 3ヶ月単位契約更新アルバイトの有給休暇

著者 ton さん2017年11月15日 00:27
> 3ヶ月単位で契約更新をしているアルバイト社員がいます。
> 勤務時間は一般社員が8時間のところ7時間で月曜から金曜日出勤です。
>
> この場合、6か月以上(3回目に更新以降)有給休暇を付与する必要はあるでしょうか。
> ※雇用保険社会保険には加入しています。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。

こんばんは。
契約更新であっても雇用継続と見なされますので6か月を超えた時点で有給休暇付与は発生します。
下記情報より

3ヵ月の期間を定めて雇用しているパートタイマーについて、期間満了時に新たに契約を結び直していても、実質的には労働関係は継続していますので、継続勤務に該当します。
行政解釈は「一定月ごとに雇用契約が更新されても、その実態よりみて引き続き使用されていると認められる場合」は継続勤務に該当するとしています(昭63・3・14基発第150号)。
したがって、契約を更新し6ヵ月以上雇用することになる場合には、出勤率が8割以上であれば10日の年休を与えなければなりません。

また有期契約労働者雇用する場合についてのパンフより(厚労省発)

使用者は、その雇入れの日から起算して6か月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、次の表の日数の有給休暇を与えなければなりません(基準法第39条第1項~第3項)。

○ 「継続勤務」の要件に該当するかどうかについては、勤務の実態に即して判断すべきものであり、有期労働契約を反復して労働者を使用する場合、それぞれの労働契約期間の終期と始期との間に短期間の間隔を置いたとしても、それだけで当然に継続勤務が中断することにはなりません。

とりあえず。

Re: 3ヶ月単位契約更新アルバイトの有給休暇

著者 ぴぃちん さん2017年11月15日 07:23
契約が3か月ごとであっても、継続して更新していますので、最初の契約による出勤日から6か月にて有給休暇10日の付与が必要になります。



> 3ヶ月単位で契約更新をしているアルバイト社員がいます。
> 勤務時間は一般社員が8時間のところ7時間で月曜から金曜日出勤です。
>
> この場合、6か月以上(3回目に更新以降)有給休暇を付与する必要はあるでしょうか。
> ※雇用保険社会保険には加入しています。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 3ヶ月単位契約更新アルバイトの有給休暇

著者 すえさん さん2017年11月15日 11:02
ご回答ありがとうございます。

継続勤務となる事、理解いたしました。
有給休暇は一般社員同様に付与する必要があるという事ですね。

すっきりしました。
1~4  (4件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク