スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 季節労働者と無期転換ルールについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

季節労働者と無期転換ルールについて

著者  まゆり さん 最終更新日:2017年11月27日 14:53
いつもお世話になっています。

勤め先では長期パートさんもいないし(長くても6~8か月契約で更新なし)、無期転換は関係ないな~・・・とのんびり構えていたのですが、1人、何度も契約を重ねている季節労働者の方がいたことに思い当たりました。

この方へは、今まで何度か正社員にならないかとお声掛けしているのですが、「今の働き方(雪のない時期に当社で働いて、積雪時期は別な仕事をするそうです)が性に合っているから」と断られているので、恐らく要件を満たしたとしても、無期転換を申し出てくることはないと思うのですが・・・。

無期転換は、原則として同様の労働条件で・・・とのことですが、仮にこの方が無期転換を申し出てきた場合、当社としては労働条件を通年雇用に変更せざるを得ません。
もしご本人が「今まで通り積雪時期は休みたい」と主張してきたら、それを理由として無期転換を断ることはできるのでしょうか?

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 季節労働者と無期転換ルールについて

著者  いつかいり さん 2017年11月27日 21:18
暦月単位で8カ月契約、4カ月のクーリング期間がきれいにそろった年次があれば、その時点で通算期間が0にリセットされますが、どないなもんでしょうか。

仮に条件そろって無期転換をほっしても、期間の定めがなくなる(更新手続きがなくなる)だけで、

お勤め先の事業として、無期雇用者をして積雪期間に休業させているのであれば、それにならいましょうが、通年ある事業を、当人の都合で積雪期間他に雇われたいというなら、それを理由に(懲戒解雇事由にあるとなおいいのですが)退職してもらうまででしょう。

Re: 季節労働者と無期転換ルールについて

著者  まゆり さん 2017年11月28日 08:47
いつかいりさん、ありがとうございます。
H25.4.1以降から今までの契約期間と空白期間を調べてみたのですが、どうもクーリング期間が微妙な感じなのです。

契約1>
H25.5~H25.12
契約期間)7か月と15日
(空白期間)4か月と17日⇒クーリング成立?
契約2>
H26.5~H27.1
契約期間)8か月と30日
(空白期間)3か月と7日⇒クーリング不成立?
契約3>
H27.5~H28.1
契約期間)8か月と9日
(空白期間)3か月と23日⇒クーリング不成立?
契約4>
H28.5~H29.1
契約期間)8か月と7日
(空白期間)3か月と21日⇒クーリング不成立?
契約5>
H29.5~H30.1
契約期間)8か月と7日
(空白期間)3か月と21日
契約6予定>
H30.5~H31.1


手元にある手引きでは、クーリングが成立しない場合、
「個々の契約期間を通算して60か月=5年ルール適用」
と書かれております。
1か月未満の端数は、
クーリング判定=切り上げ処理
契約期間通算=30日を1か月として処理
とも書いてありましたが、クーリング判定において、契約期間・空白期間とも端数切り上げで見てよいのか、切り上げるのは契約期間のみで、空白期間は切り捨てなのかなど、詳細がありません。
地元で行われる説明会にも複数出席しておりますが、いつもテキストを読み上げるだけ(イレギュラーな事例の解説なし)で、質問時間も設けられておらず・・・。

ちなみに、無期雇用者(現在は正社員しかおりません)については、当然ながら積雪期間も労働日カレンダーに則って就労しており、休業は今のところあり得ません。
なので、会社側の立場からすると、選択肢は、
(1)無期転換して通年勤務する
(2)無期転換せず今まで通り勤務する
の2択しかあり得ないのですが、果たしてそれでよいものか?と・・・。

労働局に聞けば、個別対応の事例も教えて頂けるだろうと思い、問い合わせたのですが、
季節雇用の方が通年勤務を望まない場合、無期転換対象外だと思いますが・・・。
無期転換して特定の時期だけ就労するというケースは想定していないですね。
そのようにしなければならないことはないと思います。」
と言われて終わりで、通年勤務できない(断られた)場合に、無期転換を断ってよいのか否かのお返事は頂けず仕舞いでした。

大変困っております。

Re: 季節労働者と無期転換ルールについて

著者  いつかいり さん 2017年11月28日 20:54
厚労省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/index.html

パンフレット・リーフレットコーナー

(2)の2種類あるパンフどちらでもごらんください。

8か月、4か月との繰り返しで厳密に暦月にそって契約してあれば、通算されることがないものを、

2度目の契約から、通算されてきてます。よってリセットさせるクーリング期間は6月必要です。

通算も、月と端数をそれぞれ足し合わせ、端数の和を30にてひと月と数えなおすようです。

そうすると希望されるときに、他に雇われることは認めてないので、通年とおして就労いただきたい、と釘さしておくしかないのではないでしょうか。

Re: 季節労働者と無期転換ルールについて

著者  まゆり さん 2017年11月29日 08:36
いつかいりさん、再びご回答ありがとうございます。

そんな気はしていましたが、やはり、契約1以外、クーリングは成立していませんでしたか・・・。
示して頂いた資料も参考にします。

今朝、ご本人に無期転換ルールのことを軽く説明したのですが、やはり、
「もし権利がついたとしても、通年勤務はしたくないので希望しません。」
というお答えでした。
ただ、あくまで現時点での希望なので、もし今後考えが変わるようなら、通年勤務にはなりますけど、無期転換も受け入れますよ、という説明はしておこうと思います。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク