スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 求人票の虚偽の記載について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

求人票の虚偽の記載について

著者  ねこねこねこ さん 最終更新日:2017年12月04日 21:26
今年の6月半ばに、正社員で試用期間半年(短縮あり・延長は記載なし)夏季休暇ありで採用されました。

しかし、いざ契約書を交わす段階で出された書類には[期間の定めあり]と書かれており、聞くと
「未経験者のスキルアップ助成金が得られる。給料も変わらないし半年後に必ず正社員にするから」
と言われました。

書類と社長の奥さんを目の前に判子を押さないことが出来ず、判を押してしまいました。

求人票には採用は1人との事でしたが、もう1人同時に採用された人がいて、その人は3ヶ月で正社員になりました。
私は若くて未経験だから正社員にはできないと言われました。5ヶ月後の11月に契約期限1ヶ月前と言うことで契約の話を求めたところ会議で決めると言われ、会議の後催促してやっと説明の場を設けられました。(期限まで1ヶ月を過ぎていた)

すると、理不尽な理由で(机にハサミが出しっぱなし、馬鹿と怒られた時に泣いたなど)1ヶ月毎の契約更新になるかも、と言われました。

上記は社長の奥さんに言われたので、会議に出席された他の人に伺ってみると、
「新部署を立ち上げる。そこに貴方が合うかどうか1ヶ月ごとに査定する。これは法律で認められている」
と言われました。

夏季休暇もない、正社員にもなれない、私1人だけ経理ではなく一般事務の為全ての電話もくだらない雑用も私、仕事が終わらず残業すると怒られる(残業代が加算される訳では無い)、馬鹿と言われる、発達障害だと決めつけられる、等の理由から満期での退職を決意しました。

契約社員なのに退職届に自己都合退職と書けと言われたり、金はやるから早期退職しろと言われたりしました。

以上のことがあっても、会社は罪に問えないのでしょうか?
正社員になれない理由説明、自己都合と書くことの強要、助成金の日報にやってもいないミスを書かせる、親知らずの手術を歓迎会の前にさせる、の証拠はあります。ほかにも暴行の被害にあったのに休みをとらせないなどもあります。
やはり裁判を起こすしかないのでしょうか?

アドバイスをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  村の平民 さん 2017年12月04日 23:34
① 各種のことが書いてあるので、端的にお答えしかねます。
 職安の担当者にありのままを話してみては如何ですか。

② それで満足できなければ、労働局の「個別労働紛争斡旋申請」をしてみましょう。
 これには、労働法の知識が必要なので、電話帳か都道府県社会保険労務士会で聞いて、特定社会保険労務士の支援を受けることをお勧めします。

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  ぴぃちん さん 2017年12月05日 01:25
いろいろとあるようですが、1つ1つ整理してみてください。

募集が、正規社員(試用期間6か月)であったかと思いますが、採用有期雇用契約での契約になっているのかと思います。状況がわかりませんが、もしハローワークを介しての就職であればハローワークにご相談ください。

判をおした、ということは、結果としては、有期雇用契約での契約に同意したと解釈することはできます。有期雇用契約での契約であれば、契約の更新の有無、の欄の記載が労働条件通知書雇用契約書には記載があると思いますが、どのように記載されていますか。
正社員での雇用契約と、有期雇用契約での契約とでは契約期間において、その内容の考え方が異なってきます。

夏期休暇においては、就業規則を確認してください。会社によっては、正社員用の就業規則とパートタイム用の就業規則とが異なる場合もあります。もしくは、契約した雇用契約書にて確認を行ってください。

ただ、

> 契約社員なのに退職届に自己都合退職と書けと言われたり、金はやるから早期退職しろと言われたりしました。

については、会社側に問題がある行為かと思いますので、事実であれば労働局に相談してください。ねこねこねこさんが納得ができない状況であるのであれば、退職届は提出する必要はないと思います。



> 今年の6月半ばに、正社員で試用期間半年(短縮あり・延長は記載なし)夏季休暇ありで採用されました。
>
> しかし、いざ契約書を交わす段階で出された書類には[期間の定めあり]と書かれており、聞くと
> 「未経験者のスキルアップ助成金が得られる。給料も変わらないし半年後に必ず正社員にするから」
> と言われました。
>
> 書類と社長の奥さんを目の前に判子を押さないことが出来ず、判を押してしまいました。
>
> 求人票には採用は1人との事でしたが、もう1人同時に採用された人がいて、その人は3ヶ月で正社員になりました。
> 私は若くて未経験だから正社員にはできないと言われました。5ヶ月後の11月に契約期限1ヶ月前と言うことで契約の話を求めたところ会議で決めると言われ、会議の後催促してやっと説明の場を設けられました。(期限まで1ヶ月を過ぎていた)
>
> すると、理不尽な理由で(机にハサミが出しっぱなし、馬鹿と怒られた時に泣いたなど)1ヶ月毎の契約更新になるかも、と言われました。
>
> 上記は社長の奥さんに言われたので、会議に出席された他の人に伺ってみると、
> 「新部署を立ち上げる。そこに貴方が合うかどうか1ヶ月ごとに査定する。これは法律で認められている」
> と言われました。
>
> 夏季休暇もない、正社員にもなれない、私1人だけ経理ではなく一般事務の為全ての電話もくだらない雑用も私、仕事が終わらず残業すると怒られる(残業代が加算される訳では無い)、馬鹿と言われる、発達障害だと決めつけられる、等の理由から満期での退職を決意しました。
>
> 契約社員なのに退職届に自己都合退職と書けと言われたり、金はやるから早期退職しろと言われたりしました。
>
> 以上のことがあっても、会社は罪に問えないのでしょうか?
> 正社員になれない理由説明、自己都合と書くことの強要、助成金の日報にやってもいないミスを書かせる、親知らずの手術を歓迎会の前にさせる、の証拠はあります。ほかにも暴行の被害にあったのに休みをとらせないなどもあります。
> やはり裁判を起こすしかないのでしょうか?
>
> アドバイスをよろしくお願いします。

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  いつかいり さん 2017年12月05日 03:48
罪に問えないのかといえば、虚偽求人として処罰されるのは、行為日がH30年1月からです。法施行前なので、刑事罰は無理、不法行為をあなたが立証しての民事訴訟でしょう。民事訴訟より簡便な労働審判で、ひとあわ吹かせる手もありますが。

問題行為が多々あるようですが、録音物といった立派な証拠があるなら別ですが、暴行罪で警察に持ち込んで窓口で相手してもらえるだけが関の山かと。

満期で退職の決意をされたとのこと、退職届は不要です。次の契約をむすばなければいいのです。ただし相手は次期契約を提示した、と言い逃れられますので、1カ月更新、不利益だった証明をどう確保するかでしょう。

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  ねこねこねこ さん 2017年12月05日 07:53
回答ありがとうございます。
怒りに駆られて書きなぐり、支離滅裂で申し訳ありませんでした。

> ① 各種のことが書いてあるので、端的にお答えしかねます。
>  職安の担当者にありのままを話してみては如何ですか。

職安には盥回しにされている現状です。
この会社の求人を出している所に直接抗議に行くと言うことですよね。
退職後に行ってみます。

> ② それで満足できなければ、労働局の「個別労働紛争斡旋申請」をしてみましょう。
>  これには、労働法の知識が必要なので、電話帳か都道府県社会保険労務士会で聞いて、特定社会保険労務士の支援を受けることをお勧めします。

簡易的な裁判のようなものを起こせるのですよね。
検討している段階ですが、周りからは無駄な労力と諌められます。
このような被害者だけが損をする現状に納得いきません。しかし、落とし所としては厳重注意程度でしょうか?

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  ねこねこねこ さん 2017年12月05日 08:17
回答ありがとうございます。

> いろいろとあるようですが、1つ1つ整理してみてください。
>
> 募集が、正規社員(試用期間6か月)であったかと思いますが、採用有期雇用契約での契約になっているのかと思います。状況がわかりませんが、もしハローワークを介しての就職であればハローワークにご相談ください。

虚偽記載ハローワークからの厳重注意があると言うことでですね。

> 判をおした、ということは、結果としては、有期雇用契約での契約に同意したと解釈することはできます。有期雇用契約での契約であれば、契約の更新の有無、の欄の記載が労働条件通知書雇用契約書には記載があると思いますが、どのように記載されていますか。
> 正社員での雇用契約と、有期雇用契約での契約とでは契約期間において、その内容の考え方が異なってきます。

判を押した点については愚かでした。
更新についての記載は、確認しましたが一切ありませんでした。
無期限と雇用期間の定めありの2つのうち、後者に丸がついている程度で、あとは給与面に関してでした。

> 夏期休暇においては、就業規則を確認してください。会社によっては、正社員用の就業規則とパートタイム用の就業規則とが異なる場合もあります。もしくは、契約した雇用契約書にて確認を行ってください。

就業規則は正社員ではない私には確認する術がありません。手帳は正社員になってからだそうです。
夏季休暇については50人以下の小さな会社で日報等の管理もしていたので把握していますが、全社員誰1人として与えられていません。
有給を繋げている人はいましたが「リフレッシュ休暇制度」として、事務員は有給を2日続けてとることは禁じられているそうです。
土日に出勤する代わりに平日を休みにすることはできますが、それを他の土日に繋げて連続で休暇をとることが私だけできませんでした。
それは下顎の親知らずが顔の神経に当たっていると言うことで大学病院にて手術し、2、3日酷く痛み腫れると説明してもで、翌日の歓迎会に欠席したことについて間接的に叱られました。

> ただ、
>
> > 契約社員なのに退職届に自己都合退職と書けと言われたり、金はやるから早期退職しろと言われたりしました。
>
> については、会社側に問題がある行為かと思いますので、事実であれば労働局に相談してください。ねこねこねこさんが納得ができない状況であるのであれば、退職届は提出する必要はないと思います。

昼休みに応接室を貸すからそこで書け、とまで言われましたが、結局「満了により契約を終了する」という事を書いて提出しました。
そして、退職前日に社労士が来て忙しい、貴方の面倒を見ている暇がないから早く辞めてくれ、と言われたのですが、私をよほど自己都合退職にしたいようです。
これはやはりパワハラですよね。
回答ありがとうございました。

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  ねこねこねこ さん 2017年12月05日 08:36
回答ありがとうございます。

> 罪に問えないのかといえば、虚偽求人として処罰されるのは、行為日がH30年1月からです。法施行前なので、刑事罰は無理、不法行為をあなたが立証しての民事訴訟でしょう。民事訴訟より簡便な労働審判で、ひとあわ吹かせる手もありますが。

来年から刑事罰が与えられるのですね。
間が悪かったです。

> 問題行為が多々あるようですが、録音物といった立派な証拠があるなら別ですが、暴行罪で警察に持ち込んで窓口で相手してもらえるだけが関の山かと。

書き方が分かりづらくて申し訳ありません。暴行を受けたのは全く知らない人からです。
当方女一人暮らしで実家は東京から北海道の端ほど離れておりまして、被害届を出したり事情聴取で平日1日だけ休みを貰おうと思ったのです。
急ぎの仕事もありませんでしたし、月末月初ではありませんでした。
夜道を襲われたのに仕事終わりの深夜に行けばいいと言われ心が折れました。
退職届や退職を伝えたあとの助成金日報の強要は録音等の証拠があります。
それらを持ってしても、厳重注意だけしか与えられないのでしょうか?

> 満期で退職の決意をされたとのこと、退職届は不要です。次の契約をむすばなければいいのです。ただし相手は次期契約を提示した、と言い逃れられますので、1カ月更新、不利益だった証明をどう確保するかでしょう。

録音していて正解でした。
お金が欲しい訳じゃなく、私がこんなに酷い目にあっているのに向こうがほぼ無傷っていうのがどうも悩ましいです。
ありがとうございました。

Re: 求人票の虚偽の記載について

著者  ぴぃちん さん 2017年12月05日 10:40
> 虚偽記載ハローワークからの厳重注意があると言うことでですね。

ねこねこねこさんの契約内容が虚偽の記載かどうかはわかりません。ハローワークの求人票と実際が異なるのであれば、ハローワークにご相談ください。

相違への対応(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11601200-Shokugyouanteikyoku-ShusekishokugyouShidoukanshitsu/0000126602.pdf


> 更新についての記載は、確認しましたが一切ありませんでした。

有期雇用契約であれば、更新の有無は労働条件通知書に記載しなければならないです。

有期労働契約の締結等について(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/12/dl/h1209-1f.pdf


> 就業規則は正社員ではない私には確認する術がありません。手帳は正社員になってからだそうです。

就業規則は周知義務があります。

労働基準法法令等の周知義務
第百六条 使用者は、この法律及びこれに基づく命令の要旨、就業規則、…(中略)…を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によつて、労働者に周知させなければならない。


有給休暇については、そもそも初めての6か月の有期雇用契約であれば、有給休暇は法律的には付与されていなくても、違法とはいえないです。


手術前に会社に欠勤することに対して、申出て対応してもらうことは必要になりますが、親知らずの手術については、緊急性が乏しいことがありますので、手術と欠勤については、実際の状況を双方から確認しないと、どちらが悪いかどうかは判断できない、といえるかもしれません。


いろいろと問題がありそうな会社にも思いますが、すでに契約の満了にて退職しているのであれば、会社と争ってもねこねこねこさんにとってあまり得るものがないかもしれない、とも思ってしまいます。



>
> > 判をおした、ということは、結果としては、有期雇用契約での契約に同意したと解釈することはできます。有期雇用契約での契約であれば、契約の更新の有無、の欄の記載が労働条件通知書雇用契約書には記載があると思いますが、どのように記載されていますか。
> > 正社員での雇用契約と、有期雇用契約での契約とでは契約期間において、その内容の考え方が異なってきます。
>
> 判を押した点については愚かでした。
> 更新についての記載は、確認しましたが一切ありませんでした。
> 無期限と雇用期間の定めありの2つのうち、後者に丸がついている程度で、あとは給与面に関してでした。
>
> > 夏期休暇においては、就業規則を確認してください。会社によっては、正社員用の就業規則とパートタイム用の就業規則とが異なる場合もあります。もしくは、契約した雇用契約書にて確認を行ってください。
>
> 就業規則は正社員ではない私には確認する術がありません。手帳は正社員になってからだそうです。
> 夏季休暇については50人以下の小さな会社で日報等の管理もしていたので把握していますが、全社員誰1人として与えられていません。
> 有給を繋げている人はいましたが「リフレッシュ休暇制度」として、事務員は有給を2日続けてとることは禁じられているそうです。
> 土日に出勤する代わりに平日を休みにすることはできますが、それを他の土日に繋げて連続で休暇をとることが私だけできませんでした。
> それは下顎の親知らずが顔の神経に当たっていると言うことで大学病院にて手術し、2、3日酷く痛み腫れると説明してもで、翌日の歓迎会に欠席したことについて間接的に叱られました。
>
> > ただ、
> >
> > > 契約社員なのに退職届に自己都合退職と書けと言われたり、金はやるから早期退職しろと言われたりしました。
> >
> > については、会社側に問題がある行為かと思いますので、事実であれば労働局に相談してください。ねこねこねこさんが納得ができない状況であるのであれば、退職届は提出する必要はないと思います。
>
> 昼休みに応接室を貸すからそこで書け、とまで言われましたが、結局「満了により契約を終了する」という事を書いて提出しました。
> そして、退職前日に社労士が来て忙しい、貴方の面倒を見ている暇がないから早く辞めてくれ、と言われたのですが、私をよほど自己都合退職にしたいようです。
> これはやはりパワハラですよね。
> 回答ありがとうございました。
1~8  (8件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク