スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 中古品売買契約書の作成について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

中古品売買契約書の作成について

著者  バニバニ さん 最終更新日:2018年02月24日 15:13
自社営業車に取り付けるため買ったドライブレコーダーが大量に余っていましたが、このたび取引先へ数十台買い取ってもらう事になりました。
中古品売買は本業ではなく売買契約書もないのですが、そもそも売買契約書を取り交わす必要があるのですか。また、契約書を取り交す場合、どのような条項を記載すべきかわかりません。ネットでは色んな雛形はあるのですが、どれが適当か迷ってしまいます。本件のケースでぴったりのものがあれば教えて下さい。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 中古品売買契約書の作成について

著者  ぴぃちん さん 2018年02月24日 17:19
契約書を作成することも方法ですし、御社が仕入購入したもので、というのであれば、納品書・請求書で対応することもできるかと思います。

契約書であれば、
(甲)と(乙)はドライブレコーダーの売買に関して以下の契約をする。

・商品を(乙)に売り渡し、(乙)はこれを買い取る。
商品:ドライブレコーダー 型番:○○
個数:△個

以下は、販売する代金、決済方法とその期限、引き渡し方法とその期日、瑕疵の責任、契約の解除方法(必要があれば)、等必要な事項を記載の上、2通作成し、1通づつ保管することが方法になるかと思います。



> 自社営業車に取り付けるため買ったドライブレコーダーが大量に余っていましたが、このたび取引先へ数十台買い取ってもらう事になりました。
> 中古品売買は本業ではなく売買契約書もないのですが、そもそも売買契約書を取り交わす必要があるのですか。また、契約書を取り交す場合、どのような条項を記載すべきかわかりません。ネットでは色んな雛形はあるのですが、どれが適当か迷ってしまいます。本件のケースでぴったりのものがあれば教えて下さい。
返信新規投稿する

Re: 中古品売買契約書の作成について

著者  バニバニ さん 2018年02月24日 17:55
> 契約書を作成することも方法ですし、御社が仕入購入したもので、というのであれば、納品書・請求書で対応することもできるかと思います。
>
> 契約書であれば、
> (甲)と(乙)はドライブレコーダーの売買に関して以下の契約をする。
>
> ・商品を(乙)に売り渡し、(乙)はこれを買い取る。
> 商品:ドライブレコーダー 型番:○○
> 個数:△個
>
> 以下は、販売する代金、決済方法とその期限、引き渡し方法とその期日、瑕疵の責任、契約の解除方法(必要があれば)、等必要な事項を記載の上、2通作成し、1通づつ保管することが方法になるかと思います。
>
>
>
> > 自社営業車に取り付けるため買ったドライブレコーダーが大量に余っていましたが、このたび取引先へ数十台買い取ってもらう事になりました。
> > 中古品売買は本業ではなく売買契約書もないのですが、そもそも売買契約書を取り交わす必要があるのですか。また、契約書を取り交す場合、どのような条項を記載すべきかわかりません。ネットでは色んな雛形はあるのですが、どれが適当か迷ってしまいます。本件のケースでぴったりのものがあれば教えて下さい。
返信新規投稿する

Re: 中古品売買契約書の作成について

著者  バニバニ さん 2018年02月24日 18:04
早速のご回答感謝いたします。。

契約書はそもそも作成する必要がないという前提で、納品書と請求書での対応でもいいということなんですね。
参考になりました。
ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 中古品売買契約書の作成について

著者  トライトン さん 2018年02月26日 08:44
単価は大きくはないと思いますが、数十台と大量ですね。契約書締結は必須ではありませんが、納品後もめた場合を考えて通常は契約締結します。今回の場合、中古品(新古品?)ということで瑕疵担保(保証)をどう定めるかが重要なポイントかと思われます。必ずしも契約締結ではなく、御社が見積書に販売条件を明記し、相手方がそれに基づき注文すれば、契約締結と同じ効力が生じます。
返信新規投稿する

Re: 中古品売買契約書の作成について

著者  バニバニ さん 2018年03月06日 20:57
> 単価は大きくはないと思いますが、数十台と大量ですね。契約書締結は必須ではありませんが、納品後もめた場合を考えて通常は契約締結します。今回の場合、中古品(新古品?)ということで瑕疵担保(保証)をどう定めるかが重要なポイントかと思われます。必ずしも契約締結ではなく、御社が見積書に販売条件を明記し、相手方がそれに基づき注文すれば、契約締結と同じ効力が生じます。

トライトンさん、ありがとうございます。
参考になりました。
返信新規投稿する
1~6  (6件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク