スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 実働時間8時間以下の深夜手当について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

実働時間8時間以下の深夜手当について

著者  勅使河原 さん 最終更新日:2018年03月04日 16:44
お世話になっております。

いつも拝見しております。
表題について、ご質問があります。
現在、弊社では 下記の勤務時間従業員(正社員です)がおります。

勤務時間 夜中の3時 ~ 朝の8時(5時間)

※3時~ 5時については深夜時間帯になるのですが、給料計算する場合は 勤務時間なので 0.25%の付与になるのでしょうか?それとも 1.25% になるのでしょうか?


とても初歩的な質問で皆様に申し訳ありませんが、考え方が間違えているような気がすごくするので、どうかご回答のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 実働時間8時間以下の深夜手当について

著者  ぴぃちん さん 2018年03月04日 16:49
法定休日の勤務でないのであれば、3~5時において深夜割増賃金である25%以上を支払うことでよいです。
割増分が25%以上です。


法定労働時間割増賃金(厚生労働省ホームページ)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei07.html



> お世話になっております。
>
> いつも拝見しております。
> 表題について、ご質問があります。
> 現在、弊社では 下記の勤務時間従業員(正社員です)がおります。
>
> 勤務時間 夜中の3時 ~ 朝の8時(5時間)
>
> ※3時~ 5時については深夜時間帯になるのですが、給料計算する場合は 勤務時間なので 0.25%の付与になるのでしょうか?それとも 1.25% になるのでしょうか?
>
>
> とても初歩的な質問で皆様に申し訳ありませんが、考え方が間違えているような気がすごくするので、どうかご回答のほど、よろしくお願いいたします。
返信新規投稿する

Re: 実働時間8時間以下の深夜手当について

著者  勅使河原 さん 2018年03月05日 13:01
お世話になっております。

聞いたりすると人によって回答が違ったりしていましたので、思いきって聞いてみました。やはり割り増し分の25%でよかったのですね。

助かりました、ありがとうございました。








> 法定休日の勤務でないのであれば、3~5時において深夜割増賃金である25%以上を支払うことでよいです。
> 割増分が25%以上です。
>
>
> 法定労働時間割増賃金(厚生労働省ホームページ)
> http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei07.html
>
>
>
> > お世話になっております。
> >
> > いつも拝見しております。
> > 表題について、ご質問があります。
> > 現在、弊社では 下記の勤務時間従業員(正社員です)がおります。
> >
> > 勤務時間 夜中の3時 ~ 朝の8時(5時間)
> >
> > ※3時~ 5時については深夜時間帯になるのですが、給料計算する場合は 勤務時間なので 0.25%の付与になるのでしょうか?それとも 1.25% になるのでしょうか?
> >
> >
> > とても初歩的な質問で皆様に申し訳ありませんが、考え方が間違えているような気がすごくするので、どうかご回答のほど、よろしくお願いいたします。
返信新規投稿する

Re: 実働時間8時間以下の深夜手当について

著者  村の平民 さん 2018年03月05日 16:37
① 分かりやすく例示すると、1時間基本給が1,000円の労働者に、深夜3時から朝の5時まで労働させた場合を考えてみます。

② その間に休憩時間がなかった (なくても違反ではありません) としたら、5時間の実労働です。

③ しかし、その5時間全部が労基法に言う 「深夜労働」 に当たります。

④ 深夜労働に対してはその時間がいわゆる残業であっても、なくても、25%の割増賃金を支払わなければなりません。
 それ故、この5時間に対して25%割増した賃金、即ち1時間当たり1,250円を支払わなければ違反です。

⑤ 質問にある、0.25%や1.25%ではありません。25%増しした125%です。
返信新規投稿する

Re: 実働時間8時間以下の深夜手当について

著者  勅使河原 さん 2018年03月12日 01:28
> ① 分かりやすく例示すると、1時間基本給が1,000円の労働者に、深夜3時から朝の5時まで労働させた場合を考えてみます。
>
> ② その間に休憩時間がなかった (なくても違反ではありません) としたら、5時間の実労働です。
>
> ③ しかし、その5時間全部が労基法に言う 「深夜労働」 に当たります。
>
> ④ 深夜労働に対してはその時間がいわゆる残業であっても、なくても、25%の割増賃金を支払わなければなりません。
>  それ故、この5時間に対して25%割増した賃金、即ち1時間当たり1,250円を支払わなければ違反です。
>
> ⑤ 質問にある、0.25%や1.25%ではありません。25%増しした125%です。


返信が遅くなりまして申し訳ありません。

ご回答ありがとうございます。

また、例に取り上げて説明してくださいましたので、とても分かりやすかったです。
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク