スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 見積書の有効性ついて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

見積書の有効性ついて

著者  かんさいのふじさん さん 最終更新日:2018年03月05日 17:13
発行元を追えない様な見積書は有効と言えるのでしょうか?

自然災害に遭われた方を対象に給付金を拠出する制度(社内規定)があり、その際に必要な書類の一つで工務店等の『見積書』があります。
これが有効な見積書かどうかを審査する目安はあるのでしょうか?
例えば下記の様なものは有効と言えるのでしょうか?

1.会社名のみ記載があり、その連絡先(住所,TEL)の記載のないもの
2.社印,担当者印のないもの
3.社名や連絡先が塗り潰されているもの

申請の受付業務をしているのですが、様々なものがあり、判断に苦慮しております。
ご教示頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 見積書の有効性ついて

著者  ぴぃちん さん 2018年03月05日 18:02
御社が、「給付金を拠出する制度」において支給する際に、必要とする見積書に何を求めているのか、でしょうか。
見積書であれば、一般的には、見積もりをだす相手、見積もりをだす会社(とその担当者)、住所、電話等の連絡先、社印、見積もりの金額とその明細、見積もり書の有効期限等を記載しますが、こうでないといけないというものもないかと思います。
見積書は契約書ではないですから。
押印がないことをもって、無効ではないです。
社名はあるが、担当者名は必須でもないです。

黒く塗り潰れている見積書は存じ上げませんが、御社においてその支給をする際に、必要のない個人情報部分は部分は黒塗りしてよいことになっているのでしょうか、よくわかりません。

御社として、そもそもがどのような内容が記載されていれば必要十分であるのか、それに不足しているかどうか、になるのではないでしょうか。
御社が、発行元が確認できない見積書を無効とするのであれば、その記載をしてもらうことが必要と周知すればよいかなと思います。



> 発行元を追えない様な見積書は有効と言えるのでしょうか?
>
> 自然災害に遭われた方を対象に給付金を拠出する制度(社内規定)があり、その際に必要な書類の一つで工務店等の『見積書』があります。
> これが有効な見積書かどうかを審査する目安はあるのでしょうか?
> 例えば下記の様なものは有効と言えるのでしょうか?
>
> 1.会社名のみ記載があり、その連絡先(住所,TEL)の記載のないもの
> 2.社印,担当者印のないもの
> 3.社名や連絡先が塗り潰されているもの
>
> 申請の受付業務をしているのですが、様々なものがあり、判断に苦慮しております。
> ご教示頂けると幸いです。
>
> 宜しくお願い致します。
>
返信新規投稿する

Re: 見積書の有効性ついて

著者  かんさいのふじさん さん 2018年03月05日 18:28
ぴぃちんさん

早速の回答、ありがとう御座います。

ここで提出頂いている見積書は、あくまでも給付金を拠出する為の判断材料として提出頂いているものです。
ですので、『見積書コピー』と表現した方が良かったかもしれません。

正直に申し上げますと、同一人物から何度も給付金拠出の申請をされており、見積書をねつ造しているのではないか…との疑念を抱いています。
一度、会社名のみ記載のある見積書を提出頂きましたが、出来る範囲で調べた結果、同名の会社は県内にはありませんでした。
また、違う事象で申請された時に添付されていた見積書コピーには社名,連絡先を黒塗りされていました。
何れも見積書の信憑性を確認するすべがありません。

ぴぃちんさんのおっしゃる通り『御社が、発行元が確認できない見積書を無効とするのであれば、その記載をしてもらうことが必要と周知すればよい』が一番の対策法だと感じました。

ここで質問すべき内容の主旨から少々外れてしまい、申し訳御座いません。
当方、素人の集まりなので相談させて頂きました事、ご容赦願います。
返信新規投稿する

Re: 見積書の有効性ついて

著者  ぴぃちん さん 2018年03月06日 08:57
記載しようかどうか、迷ったのですが、蛇足かなと思ったのが、
・見積書は何社でも何回でもだすことはできます。
契約書は実際の契約の際にしか書面を交わしません(後に破棄されることはありえますが…)。
御社が見積書をもって何かしらの給付金を支給するのであれば、その後に契約があってもなくても支給するのかどうかがわからなかったので、上記は先のお返事では割愛しました。

捏造を疑う状況であれば、給付が補助の目的であれば、契約書をもって支給とすることも方法になろうかと思います。
目的が見舞金で修繕が必要になる場合であれば、確かに見積書でもよく、結果修繕しなくてもよい支給するのかと思われます。ただ、自然災害による損害であれば、そうそう修繕することもなさそうには思うのですが、何度も、というのが気になるところですね。



> ぴぃちんさん
>
> 早速の回答、ありがとう御座います。
>
> ここで提出頂いている見積書は、あくまでも給付金を拠出する為の判断材料として提出頂いているものです。
> ですので、『見積書コピー』と表現した方が良かったかもしれません。
>
> 正直に申し上げますと、同一人物から何度も給付金拠出の申請をされており、見積書をねつ造しているのではないか…との疑念を抱いています。
> 一度、会社名のみ記載のある見積書を提出頂きましたが、出来る範囲で調べた結果、同名の会社は県内にはありませんでした。
> また、違う事象で申請された時に添付されていた見積書コピーには社名,連絡先を黒塗りされていました。
> 何れも見積書の信憑性を確認するすべがありません。
>
> ぴぃちんさんのおっしゃる通り『御社が、発行元が確認できない見積書を無効とするのであれば、その記載をしてもらうことが必要と周知すればよい』が一番の対策法だと感じました。
>
> ここで質問すべき内容の主旨から少々外れてしまい、申し訳御座いません。
> 当方、素人の集まりなので相談させて頂きました事、ご容赦願います。
返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク