スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 所定労働時間外の解釈について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

所定労働時間外の解釈について

著者  SNMy さん 最終更新日:2018年03月07日 02:02
いつも皆様の投稿等、拝見しております。
所定労働時間外の解釈についてご教授いただきたく投稿いたします。

弊社は、9時から17時が所定労働時間休憩時間1時間としています。

例えば、個人的事由により上記の時間帯に勤務が出来なかった社員が、
自らの判断で自主的に18時に出勤し、20時まで勤務した場合、
この18時から20時の勤務時間は、所定労働時間外として扱うのでしょうか?

所定労働時間外について調べていますが、1日の決められた労働時間数を
超える場合の取扱いについては把握できたのですが、労働時間数は所定内で、
決められた始業・終業時間ではない時間に勤務した場合の対応については
記載されたものが見つからず、お教えいただけますと幸いです。

何卒宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 所定労働時間外の解釈について

著者  ぴぃちん さん 2018年03月07日 08:22
まず、個人的な理由により自主的に、という部分で、それが労働時間であるのかどうか、の判断が必要になるかと考えます。個人的理由により会社の命令でなく出社したのであれば、労働時間にそもそも該当しない可能性があります。

会社からの業務命令であれば、法定内時間外労働として扱うことになるかと思います。



> いつも皆様の投稿等、拝見しております。
> 所定労働時間外の解釈についてご教授いただきたく投稿いたします。
>
> 弊社は、9時から17時が所定労働時間休憩時間1時間としています。
>
> 例えば、個人的事由により上記の時間帯に勤務が出来なかった社員が、
> 自らの判断で自主的に18時に出勤し、20時まで勤務した場合、
> この18時から20時の勤務時間は、所定労働時間外として扱うのでしょうか?
>
> 所定労働時間外について調べていますが、1日の決められた労働時間数を
> 超える場合の取扱いについては把握できたのですが、労働時間数は所定内で、
> 決められた始業・終業時間ではない時間に勤務した場合の対応については
> 記載されたものが見つからず、お教えいただけますと幸いです。
>
> 何卒宜しくお願い致します。
返信新規投稿する

Re: 所定労働時間外の解釈について

著者  村の平民 さん 2018年03月08日 18:56
① 嘗て、当該本人の個人的事情で、所定始業時刻 (例えば9:00) に遅れて10:00に出勤した日に、所定終業時刻 (例えば18:00) より遅く19:00に終業 (中途で1時間休憩したとする) した場合は、実労働時間が8時間を超えないので、残業割増部分の賃金の支払いは不要であると、労働基準監督署員から聞いたことがあります。本体100%部分は支払いを要します。

② もしこれに18:00を超えて労働した1時間分に割増賃金を支払えば、個人的理由で1時間遅刻しても、25%分が時間通りに勤務した労働者よりも賃金が多くなるので、有ってはいけないことだとの意でした。

③ この見解に従えば、「自らの判断で自主的に18時に出勤し、20時まで勤務した場合、この18時から20時の勤務時間は、所定労働時間外として扱う」 ならば不公平の最たることになると思います。

④ 当然当日は、所定始業時刻9:00から所定終業時刻17:00迄が不就業なので、1日欠勤に相当します。これはノーワークノーペイの原則に従ってそれに相当する賃金を不支給とすべきです。

⑤ 次に、「自らの判断で自主的に18時に出勤し、20時まで勤務」 したことは会社の指示ではないので、「労働」 とは言えません。労働賃金を支払うのは、会社の指揮命令下にある時間のことです。

⑥ 上記の④と⑤により、当日の (労働紛い) 18:00~20:00は賃金支払い対象時間ではありません。

⑦ しかし、何らかの事情により、18:00~20:00を労働せざるを得ない状態に置かれたのであれば、それは黙示の労働命令と言えるので、この2時間については割増のない100%部分賃金を支払うべきです。
返信新規投稿する

Re: 所定労働時間外の解釈について

著者  SNMy さん 2018年03月14日 17:14
ぴぃちんさん

ご教授いただきまして、ありがとうございます。

ご指摘いただいた通りですが、ただ業務命令ではないとはいえ、労働時間として認めないわけにはいかないと思っておりますので、教えていただいたように法定内時間外として対応したいと思います。
返信新規投稿する

Re: 所定労働時間外の解釈について

著者  SNMy さん 2018年03月14日 17:20
村の平民さん

大変分かりやすく、詳細にご教授いただきまして、ありがとうございます。
とてもよく理解出来ました。

教えていただいたことを踏まえ、今回は⑦のケースとして扱い、対応したいと思います。
ただ、今後のことについて当事者と話し合います。

ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 所定労働時間外の解釈について

著者  ぴぃちん さん 2018年03月15日 07:52
時間外労働賃金については、御社の就業規則もご確認ください。
法定内時間外労働においては法律上では割増賃金は必要ありませんが、就業規則に終業時刻以降を割増賃金の対象とする規定がある場合には、法定内でも割増賃金が必要になります。



> ぴぃちんさん
>
> ご教授いただきまして、ありがとうございます。
>
> ご指摘いただいた通りですが、ただ業務命令ではないとはいえ、労働時間として認めないわけにはいかないと思っておりますので、教えていただいたように法定内時間外として対応したいと思います。
返信新規投稿する
1~6  (6件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク