スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

著者  Piguin2018 さん 最終更新日:2018年03月08日 14:21
いつも参考にさせて頂いております。

この度社員寮を閉鎖することになり、
その寮母(住み込み)の扱いについて頭を悩ませております。

寮閉鎖の背景は下記の通りです。
・もともと社内の特殊な業務につくもののうち、若年者の為の寮。
・寮に係る費用はほぼ会社負担。
・その部門の採算が悪く、また若年者の数が少なくなり、莫大な家賃や維持費のかかる寮の閉鎖が決定。

寮母については二年契約契約社員です。
契約時に既に寮の閉鎖が予定されていた為、二年契約としていましたが、
入寮者の退職や、当該部門の業績悪化スピードが速いなどの事情があり、
寮閉鎖の時期が早まりました。

これに伴い、寮母へは契約期間内の別業務への異動を提案しました。
業務内容としては寮母とはかけ離れたものではあります。
給与は現状を維持、ただし、今までは寮に住み込みで本人負担の家賃はありませんでしたが、今後は自分で部屋を借りてもらうことになりますので、
その賃料などは会社では負担できない、という条件です。
寮母は断続的労働契約でしたが、入寮者の業務の特性上、寮母に深夜に対応してもらう事案が発生することもあり、それらを勘案した給与設定となっていましたので、提案した異動先の他の社員よりは高い給与ではあります。

ところが、本人が寮閉鎖に反発しており、異動を拒否しています。
会社としてもできるだけのことはしたいと考えており、
もしも転職等を考えるのであれば1-2か月程度会社負担で
寮閉鎖後の住居を確保し、転職活動等をしてもらっても構わない、
とも伝えましたが、これについても拒否しています。

このような状況ですが、この場合に契約期間の短縮などの措置を取ることは可能でしょうか。

お知恵を拝借できますと幸いです。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

著者  村の平民 さん 2018年03月08日 16:56
① 会社としては寮閉鎖の正当・合理的な理由があると考えます。

② しかし、それはあくまでも会社の業務上の都合によるものであり、当該寮母には一切責任がないことです。

③ まず、2年の雇用契約があったので、契約期間までの賃金相当額を、違約金として支払い、解雇することを考えては如何ですか。

④ 雇用を継続するとしても 「業務内容としては寮母とはかけ離れたもの」 であれば、寮母が納得したとしても、会社が必要とする業務とは考えられず、無駄な賃金支払いを継続する結果になります。
 また異動後の職場の人と良い関係が築けるか、賃金差もあって大いに不安を感じます。

⑤ 「今後は自分で部屋を借りてもらう」 のであれば、寮母の立場から言えば、実質的に労働条件のうち賃金相当額の低下で有り、これに反発されてもおかしくありません。

⑥ 寮母が、寮閉鎖に反発していても、これには従う必要は無いと考えます。

⑦ 貴意に反しますが 「契約期間の短縮などの措置を取ることは」 不可能と考えます。
 もしそのようにしたいのであれば、前記③を実行することです。
 その他の対策に比し、最も後々に影響を残さなくて済む方法と思います。
返信新規投稿する

Re: 寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

著者  ぴぃちん さん 2018年03月09日 04:22
合意がないのであれば、契約期間の短縮はできないでしょう。
また、2年の有期雇用契約を中途で破棄することは基本的にはできません。
ただ、今回の場合、社員寮がなくなるため、やむを得ない事情に該当するかどうかでしょう。

解雇回避のために他部署での業務を提案するとしても「寮母とはかけ離れたもの」であれば、契約した雇用契約書に記載されている業務内容とは著しく異なる業務になるのではないかと推測します。そうであれば、会社においては解雇を回避するための努力をしたかどうかで、していないと判断されてしまう可能性があるかと思います。

上記がやむを得ない事情として判断されるのであれば、解雇はできるかと思いますが、そうでなければ、有期雇用契約満了までの賃金相当までの額を支払ってその損害を賠償することで契約を解除することが方法になるかと思います。 仮に解雇が有効と判断されても期間満了まで相当の賃金の補償が必要になる可能性はあります。



> いつも参考にさせて頂いております。
>
> この度社員寮を閉鎖することになり、
> その寮母(住み込み)の扱いについて頭を悩ませております。
>
> 寮閉鎖の背景は下記の通りです。
> ・もともと社内の特殊な業務につくもののうち、若年者の為の寮。
> ・寮に係る費用はほぼ会社負担。
> ・その部門の採算が悪く、また若年者の数が少なくなり、莫大な家賃や維持費のかかる寮の閉鎖が決定。
>
> 寮母については二年契約契約社員です。
> 契約時に既に寮の閉鎖が予定されていた為、二年契約としていましたが、
> 入寮者の退職や、当該部門の業績悪化スピードが速いなどの事情があり、
> 寮閉鎖の時期が早まりました。
>
> これに伴い、寮母へは契約期間内の別業務への異動を提案しました。
> 業務内容としては寮母とはかけ離れたものではあります。
> 給与は現状を維持、ただし、今までは寮に住み込みで本人負担の家賃はありませんでしたが、今後は自分で部屋を借りてもらうことになりますので、
> その賃料などは会社では負担できない、という条件です。
> 寮母は断続的労働契約でしたが、入寮者の業務の特性上、寮母に深夜に対応してもらう事案が発生することもあり、それらを勘案した給与設定となっていましたので、提案した異動先の他の社員よりは高い給与ではあります。
>
> ところが、本人が寮閉鎖に反発しており、異動を拒否しています。
> 会社としてもできるだけのことはしたいと考えており、
> もしも転職等を考えるのであれば1-2か月程度会社負担で
> 寮閉鎖後の住居を確保し、転職活動等をしてもらっても構わない、
> とも伝えましたが、これについても拒否しています。
>
> このような状況ですが、この場合に契約期間の短縮などの措置を取ることは可能でしょうか。
>
> お知恵を拝借できますと幸いです。
返信新規投稿する

Re: 寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

著者  Piguin2018 さん 2018年03月12日 12:35
>村の平民様、ぴぃちん様

ご返信ありがとうございました。
御礼が遅くなり申し訳ありません。

まず職種については、労働条件通知書にも「寮母」とはっきり記載があります。
ただ、併せて就業規則が優先される旨も記載があり、就業規則には「会社の都合により職種を変更させることがあり、正当な理由なくして拒否できない」旨記載しています。

寮母とはかけ離れた、と書きましたが、弊社内では寮母はかなり特殊な職種で、これに類するものは他にありません。
ただ、寮内でもお願いしていた事務作業や、スケジュール管理、また彼女の前職での経験などが十分活かせる部署・職種を提案しています。

また、待遇面でも、詳細は省きますが、労働時間勤務日数から時給単価は大幅に上がり、次の就職先を探す上での活動なども勤務時間内でも特別な場合を除き原則自由ににして良いなど、できるだけのことはしたいと考え、提案しています。

今回解雇が前提ではなく、あくまでも異動が前提で考えていますが、本人がこれを強く拒否していますので、今後の対策の一環として期間短縮(解雇?)という選択肢が有り得るのか検討したかったのですが、やはりこれは難しそうですね…。

色々とお知恵を賜り、ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 寮閉鎖に伴う寮母(契約社員)の異動について

著者  ぴぃちん さん 2018年03月12日 15:46

> 今回解雇が前提ではなく、あくまでも異動が前提で考えていますが、本人がこれを強く拒否していますので、今後の対策の一環として期間短縮(解雇?)という選択肢が有り得るのか検討したかったのですが、やはりこれは難しそうですね…。
>
> 色々とお知恵を賜り、ありがとうございました。


実際に社員寮が運用しなくなるか、解体してなくなるか等の時期にもよるかと思いますが、、、
やむを得ない事情として判断できるかどうかになるかと思いますので、どうしても解雇、という方針になるようであれば、弁護士さんにも方針を相談して対応していただくことがよいかもしれませんね。
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク