スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 休職の期間

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

休職の期間

著者  もきち さん 最終更新日:2018年03月13日 14:34
業務外の傷病により欠勤が引き続き60日に達し、かつ傷病の治癒しない場合は休職とする。と就業規則にありますが、60日は稼働日内の60日なんでしょうか?数え方がわかりません。

また、61日目から休職扱いとなるのでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 休職の期間

著者  ぴぃちん さん 2018年03月13日 15:50
御社の規定になりますので、ご質問の文章だけですと、暦日をいっているのか、欠勤日数をいっているのか、判断できないです。
その文言ですと60日という条件を満たした場合休職する、ような文章に思えますので、条件を満たした以降での休職になるかと思います。

御社でこれまでに休職されていた方は、どのように判断されていたのか、確認されてみてはいかがでしょうか。



> 業務外の傷病により欠勤が引き続き60日に達し、かつ傷病の治癒しない場合は休職とする。と就業規則にありますが、60日は稼働日内の60日なんでしょうか?数え方がわかりません。
>
> また、61日目から休職扱いとなるのでしょうか?
返信新規投稿する

Re: 休職の期間

著者  村の平民 さん 2018年03月13日 16:05
① 一般的にこのような場合は、暦の日数で数えているようです。
 しかし、就業規則で 「所定就業日の60日」と同じ意味の記載があればそれに従うべきでしょう。

② 民法の解説に次のような記事があります。
 「2016年2月20日から10日間」 というときは、2月20日を起算日 (1日目) として10日を数え、10日目にあたる同月29日が満了日となる。(閏年の2016年ではなく平年であれば3月1日が満了日となる。)
 これによると、前記①の主文のように、暦の日数と言えます。

③ 質問の最後については、質問通りと言えます。
 言い換えれば、暦の日数で業務外傷病で60日欠勤 (不就業) したら、61日目から休職扱いになります。

④ なお、質問外ですが、通勤災害は業務外です。
返信新規投稿する

Re: 休職の期間

著者  hitokoto2008 さん 2018年03月13日 16:25
> 業務外の傷病により欠勤が引き続き60日に達し、かつ傷病の治癒しない場合は休職とする。と就業規則にありますが、60日は稼働日内の60日なんでしょうか?数え方がわかりません。
>
> また、61日目から休職扱いとなるのでしょうか?


私傷病ですよね。
一般的には暦日で計算されるようですが、私のところでは変形労働時間制を導入していたので、1ヶ月の稼働日2○.○日で計算したことがあります。
その方法だと、実質休職期間を伸ばせることになります。
労災などの計算方法だと暦日を使用するはずですが、休職者を休職満了により退職させたくなかったためです(規程に定める休職期間が少なかったため)
親会社からあれこれ言われましたが、それを押し切って、ギリギリセーフで休職者を復帰させることができました。



返信新規投稿する

Re: 休職の期間

著者  もきち さん 2018年03月14日 19:46
御回答頂きありがとうございます。
今まで休職された方がいないそうで、対応に困っているようです。

暦日の61日目から休職ということになるかと思います、ありがとうございました。
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク