スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 「その他」という摩訶不思議な預金種目への送金について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

「その他」という摩訶不思議な預金種目への送金について

著者  モデスティ・ブレイズ さん 最終更新日:2018年03月19日 14:52
 損害保険会社で経理を担当しているものです。

 契約者(被保険者)に保険金を送金する際、保険金の一部を契約者の借金返済のため質権行使にもとづき、指定の信用金庫に送金する事例が発生しました。

 送金口座をきいたところ信用金庫からは「預金種目はその他、口座番号は99999宛送金してほしい」旨回答がありました。「その他」という預金種目は聞いたことがなかったので、心配になって再確認したところ、「その他で送金されたものを、最終的にこちらで「為替」で処理するので、問題ない」とのことでした。

 こちらからの送金を依頼する金融機関からの送金予告をハネるということはないのはわかりましたが、「為替」で処理するとはどういう意味なのでしょうか?

 この信用金庫には「別段預金」等の預金種目の用意がないのでしょうけど、送金から入金の仕組みがよくわかりません。

 よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 「その他」という摩訶不思議な預金種目への送金について

著者  村の平民 さん 2018年03月19日 17:33
① 送金するのですから、指定された方法で送金すれば送金した証拠は手元に残ります。心配には及ばないと思います。

② 送金先の信用金庫は、貴社保険契約被保険者に貸付が有り、保険金に質権設定がしてあると推測できます。

③ 一応、被保険者に信用金庫の言い分を尋ねて、不審で無ければ、信用金庫の言に従って良いと思います。

④ 信用金庫内部の仕組みは関知する必要はありません。
 想像ですが、振込金が信用金庫に到達したら、一般事業会社で言えばその額を、借方:他金融機関/貸方:貸付金 とするのでしょう。
 ここで 「他金融機関」 と言ったのは、多くの場合日本銀行の当座預金です。
返信新規投稿する

Re: 「その他」という摩訶不思議な預金種目への送金について

著者  モデスティ・ブレイズ さん 2018年03月19日 17:40
> ① 送金するのですから、指定された方法で送金すれば送金した証拠は手元に残ります。心配には及ばないと思います。
>
> ② 送金先の信用金庫は、貴社保険契約被保険者に貸付が有り、保険金に質権設定がしてあると推測できます。
>
> ③ 一応、被保険者に信用金庫の言い分を尋ねて、不審で無ければ、信用金庫の言に従って良いと思います。
>
> ④ 信用金庫内部の仕組みは関知する必要はありません。
>  想像ですが、振込金が信用金庫に到達したら、一般事業会社で言えばその額を、借方:他金融機関/貸方:貸付金 とするのでしょう。
>  ここで 「他金融機関」 と言ったのは、多くの場合日本銀行の当座預金です。


早速のご回答ありがとうございました。心配せずともよいとのこと、ありがとうございます。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク