スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 適格請求書等保存方式導入後の簡易課税事業者について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

適格請求書等保存方式導入後の簡易課税事業者について

著者  かいり さん 最終更新日:2018年03月20日 16:58
こんにちは。
インボイス制度について教えていただきたく投稿させていただきました。

適格請求書等保存方式が導入される平成35年10月以後について、仕入税額控除は適格請求書等の保存が要件となっています。
簡易課税事業者の立場に於いて、仕入先に免税事業者が存在する場合、消費税の計算はどうなるのでしょうか。 関係なく、みなし仕入率の計算による仕入税額控除になるのでしょうか。
また、仕入先が免税事業者しかいない場合、みなし仕入率の計算による仕入税額控除はできなくなるのでしょうか。

どなたか、わかる方がいらっしゃれば、どうか教えてください。
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 適格請求書等保存方式導入後の簡易課税事業者について

著者  ton さん 2018年03月20日 22:14
> こんにちは。
> インボイス制度について教えていただきたく投稿させていただきました。
>
> 適格請求書等保存方式が導入される平成35年10月以後について、仕入税額控除は適格請求書等の保存が要件となっています。
> 簡易課税事業者の立場に於いて、仕入先に免税事業者が存在する場合、消費税の計算はどうなるのでしょうか。 関係なく、みなし仕入率の計算による仕入税額控除になるのでしょうか。
> また、仕入先が免税事業者しかいない場合、みなし仕入率の計算による仕入税額控除はできなくなるのでしょうか。
>
> どなたか、わかる方がいらっしゃれば、どうか教えてください。
> よろしくお願いいたします。
>
>


こんばんは。国税庁他ネット情報ですが…

インボイス方式が導入されるとインボイスを発行できるのは課税事業者のみという規則が設けられます。
また仕入税額控除を受ける要件としてインボイスの保管が必要となる為、免税事業者から仕入をしても仕入税額控除を受けられなくなります。

免税事業者等からの課税仕入れに係る経過措置
事業者が国内において適格請求書発行事業者以外の者から行った課税仕入れについては、区分記載請求書等と同様の事項が記載された請求書等及び帳簿を保存している場合に、以下のとおり仕入税額相当額の一定割合を仕入税額として控除できます。
期 間 割 合
平成 35 年 10 月1日から平成 38 年9月 30 日まで 仕入税額相当額の 80%
平成 38 年 10 月1日から平成 41 年9月 30 日まで 仕入税額相当額の 50%

まだ5年先の施行前ですし国税庁よりガイダンス的なものも大まかなものとなっています。
実際パンフレットにも詳細は税務署相談センターへとなっているくらいですから税務署へ直接問い合わせをした方が確実でしょう。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 適格請求書等保存方式導入後の簡易課税事業者について

著者  かいり さん 2018年03月22日 10:41
> こんばんは。国税庁他ネット情報ですが…
>
> インボイス方式が導入されるとインボイスを発行できるのは課税事業者のみという規則が設けられます。
> また仕入税額控除を受ける要件としてインボイスの保管が必要となる為、免税事業者から仕入をしても仕入税額控除を受けられなくなります。
>
> 免税事業者等からの課税仕入れに係る経過措置
> 事業者が国内において適格請求書発行事業者以外の者から行った課税仕入れについては、区分記載請求書等と同様の事項が記載された請求書等及び帳簿を保存している場合に、以下のとおり仕入税額相当額の一定割合を仕入税額として控除できます。
> 期 間 割 合
> 平成 35 年 10 月1日から平成 38 年9月 30 日まで 仕入税額相当額の 80%
> 平成 38 年 10 月1日から平成 41 年9月 30 日まで 仕入税額相当額の 50%
>
> まだ5年先の施行前ですし国税庁よりガイダンス的なものも大まかなものとなっています。
> 実際パンフレットにも詳細は税務署相談センターへとなっているくらいですから税務署へ直接問い合わせをした方が確実でしょう。
> とりあえず。

tonさん、ありがとうございます。

ご回答いただいた内容については、消費税原則課税の考え方ですよね。
申し訳ありませんが、簡易課税事業者についてお聞きしたかったのです。

簡易課税事業者も、仕入は免税事業者からの分と課税事業者からの分を分けて保管(管理)して、その割合を仕入税額控除とするのでしょうか。
経過措置を苦慮しないとして、例えば免税事業者からの仕入の割合が全体の80%とした場合、
仕入税額控除=課税標準額 × みなし仕入れ率 × (100% - 80%)
となるのでしょうか。

もう少し、国税庁のHP発表を待った方がいいのかもしれませんね。
気が早い質問で失礼いたしました。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク