スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 16歳に達した扶養の源泉について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

16歳に達した扶養の源泉について

著者  さほげ さん 最終更新日:2018年04月04日 13:04
従業員の子供が16歳に達したのですが
給与計算の時に扶養の人数として入れてよかったでしょうか?
2月に誕生日を迎えたのですが、4月分から人数に入れて
あとは年末調整で精算しようと思っているのですが
問題ないでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 16歳に達した扶養の源泉について

著者  村の平民 さん 2018年04月04日 14:14
① 16歳未満の子供は扶養控除の対象外となっています。これは 児童手当 (子ども手当) の制度が創設されたことを機に、その財源として16歳未満の扶養控除が廃止されたことによるものです。

② 所得税の扶養控除は、年末の時点で計算します。

③ 以上のことから、今年中に16歳になる子は、年初から扶養控除として申告しておいても差し支え有りません。

④ 有ってはならないことですが、16歳になる前にその子が死亡しても、それは差し支え有りません。その年中に死亡した人については年末の時点で考えることになって居ると思います。万一これに該当すれば税務署にお聞き下さい。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク