スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 建設仮勘定の消費税

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

建設仮勘定の消費税

著者  pokemonrugia さん 最終更新日:2018年04月10日 18:19
建設仮勘定消費税についてですが、

2017年9月に108万円(内消費税8万円)
2019年11月に108万円(内消費税8万円)
の2回払いで内容は建物改修における設計料金です。

そこで1回目支払いの2017年9月に行った仕訳だったのですが、

建物仮勘定 108万円(内消費税8万円) /未払金108万円
として処理しました。

しかし、請負書に業務期間が2017年5月1日~2019年10月31日となっているためすべての役務を受けているわけではない(対価性がない)ので、


建物仮勘定 108万円(非課税) /未払金108万円

と訂正しなければならないと考えるのですが、一般的にはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 建設仮勘定の消費税

著者  ton さん 2018年04月10日 18:45
> 建設仮勘定消費税についてですが、
>
> 2017年9月に108万円(内消費税8万円)
> 2019年11月に108万円(内消費税8万円)
> の2回払いで内容は建物改修における設計料金です。
>
> そこで1回目支払いの2017年9月に行った仕訳だったのですが、
>
> 建物仮勘定 108万円(内消費税8万円) /未払金108万円
> として処理しました。
>
> しかし、請負書に業務期間が2017年5月1日~2019年10月31日となっているためすべての役務を受けているわけではない(対価性がない)ので、
>
>
> 建物仮勘定 108万円(非課税) /未払金108万円
>
> と訂正しなければならないと考えるのですが、一般的にはどうなのでしょうか?
>


こんばんは。
科目は建設仮勘定ですが要は仮払金と同じですから消費税自体発生しないことになります。
ソフトに設定されているのでしょうか?
課税とか非課税ではなくあえて言うなら不課税でしょうか。
建設仮勘定から固定資産や販管費に振替えた時に消費税が発生することになろうかと思います。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 建設仮勘定の消費税

著者  mitun69 さん 2018年04月11日 13:01
消費税法においては、建設仮勘定に計上されている金額であっても、原則として物の引渡しや役務の提供があった日の課税期間において課税仕入れに対する税額の控除を行うことになっているので、係る役務の提供や資材の購入等の課税仕入れについては、その課税仕入れを行った日の属する課税期間において仕入税額控除を行うことになります(タックスアンサー No.6483 建設仮勘定の仕入税額控除の時期)。

しかし、一方で「建設仮勘定として経理した課税仕入れについて、物の引渡しや役務の提供又は一部が完成したことにより引渡しを受けた部分をその都度課税仕入れとしないで、工事の目的物のすべての引渡しを受けた日の課税期間における課税仕入れとして処理する方法も認められます。」(同上)とされています。
このような取扱いが認められるのは、建設仮勘定に含まれる金額には前渡金(中間金)なども含まれるため、課税仕入となる項目とそうでない項目を区分して処理するのが煩雑であることへの配慮のようです。
返信新規投稿する

Re: 建設仮勘定の消費税

著者  pokemonrugia さん 2018年04月11日 19:19
 ご回答ありがとうございました。経理経験が少なく大変勉強になりました



返信新規投稿する
1~4  (4件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク