スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 有給申請について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

有給申請について

著者  jinji manager さん 最終更新日:2018年04月16日 15:25
人数が全社で45人の企業の人事マネジャーで部下(主に総務を担当)がひとりいます。
有給は取りやすい会社ですが、部下のモラルが低いのが気になります。
4月に10.5日の長期休暇、その2週間後のGWの前後に有給を1.5日つけて、5.5日間の休みを申請してきました。
(業務上問題ないので許可しました。)
4月の長期休暇明けの出社初日に、今度は9月に1週間休暇をとりたいとのこと。
基本的に有給取得は奨励しますし、仕事のやりくりができればいつでも、長期でも歓迎します。
が、これからプロジェクトの計画もあり、忙しくなることが予想されるので、自分の業務とプライベートの予定も含めて管理していってほしいことを
話したところ、自分の有給を早く申請してこようとしました。
このような、一度休みの許可さえもらえれば既得権であるという考えをする社員に、自覚(仕事に対する責任感)を促す方法はありますか?
なお、この社員は仕事はやりますが、忘れっぽくやり残しが多いです。
宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 有給申請について

著者  ぴぃちん さん 2018年04月16日 15:37
有給休暇を取得する権利を有しているのであれば、それについて、連続した休暇になるように申請すること自体は、違法でもなんでもありません。
その間の業務の割り振りをどうするのか、については、会社が行うこととも言えるかと思います。どうしても、業務が回らないのであれば、その日における有給休暇について時季変更権を行使することはできます。
ゆえに、会社に迷惑がかからないように、2週間後、半年後の有給休暇を予め申し出ているとも言えるかもしれません。

有給休暇を申請することと、業務の能力が低いこととは、関係がない、と思います。それぞれに分けて考えてみてはいかがでしょうか。
忘れっぽい、やり残しがある、ということに対するフォローが必要かとは思いますが、それをもって、有給休暇のこととは関係ないと思いますよ。

”仕事はやりますが、忘れっぽくやり残しが多い”ことについては、やり残しということは完遂できていないのかと思います。根気よく、教育や指導、研修などでの対応は方法の1つであるかと思います。



> 人数が全社で45人の企業の人事マネジャーで部下(主に総務を担当)がひとりいます。
> 有給は取りやすい会社ですが、部下のモラルが低いのが気になります。
> 4月に10.5日の長期休暇、その2週間後のGWの前後に有給を1.5日つけて、5.5日間の休みを申請してきました。
> (業務上問題ないので許可しました。)
> 4月の長期休暇明けの出社初日に、今度は9月に1週間休暇をとりたいとのこと。
> 基本的に有給取得は奨励しますし、仕事のやりくりができればいつでも、長期でも歓迎します。
> が、これからプロジェクトの計画もあり、忙しくなることが予想されるので、自分の業務とプライベートの予定も含めて管理していってほしいことを
> 話したところ、自分の有給を早く申請してこようとしました。
> このような、一度休みの許可さえもらえれば既得権であるという考えをする社員に、自覚(仕事に対する責任感)を促す方法はありますか?
> なお、この社員は仕事はやりますが、忘れっぽくやり残しが多いです。
> 宜しくお願いいたします。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク