スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 出産手当金について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

出産手当金について

著者  bananana さん 最終更新日:2018年05月07日 16:57
いつも勉強させていただいております。

妊娠出産の為、退職が決まった社員がおります。

出産予定日:9月10日
産前休業日:7月31日
産後休業日:11月5日
本人退職希望日:7月31日
当初の退職予定日:6月25日
※弊社の給与計算締日:毎月25日

しかし、出産手当金をほしいためだけに退職日を1か月伸ばしたいと言って譲りません。(医師から診断を受け短期間の自宅安静になったため、退職願はこれから受け取ることになります。)
デリケートな問題のため弊社としてもとても慎重に対応はしていたのですが、
制度として利用出来るということも理解はしますが、こればかり言われることについて疑問を感じるところもあります。
(お金がかかることは重々承知です)
自宅安静の診断を受ける前からも度々体調不良を訴えていたため、
医師の指示があったわけではありませんが1週間丸々休暇、3日連続休暇、2日連続休暇…等、
そちらに関しては対応をしていました。
(大変だとも思いますし…)
そのため、もう有給はありません。これからは休んでも欠勤になります。
このような状況で、退職日を伸ばしたいということを受け入れる必要性はどれほどのものか?と思います。

ただ問題なのが口頭ではありますが、退職日について話し合いをする上で
あまりにも譲らないので上司がそれでは7月31日で…と言ってしまったことです。
退職願を受理していないとはいえ、それで話し合いが終わりました。
会社の意向としては、給与計算が25日締めのため、切りよく6月25日ではどうかと考えていました…。無言になってしまい、話も進まず。
この状態ですと、もう覆すのは難しいでしょうか?
ちなみに、引継ぎ等もすでに完了しています。

ご意見お伺い出来ましたら幸いです。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  村の平民 さん 2018年05月07日 17:39
① 理由は何であろうとも、本人が希望する退職日を会社の判断で早くすることは解雇になります。たとえ1日早くしても解雇です。

② 逆に、本人希望退職日を、先に延ばすのは原則として認められません。
 退職希望日が、退職意思表明日より2週間以上後であれば、民法により有効とされているからです。ただし、完全月給制の場合は、退職月の前月の前半に退職意思表明を必要とする意見が有ります。

③ 「退職日を伸ばしたいということを受け入れる必要性」 云々とありますが、会社の必要によって退職日を決めることはできません。
 あくまでも、本人との話し合いによる合意で無ければ、退職日を左右させることはできません。

④ 質問文によると、その社員の勤務状態は芳しくないようです。
 それを理由として、就業規則に照らし、解雇できるのであれば、会社の意志により解雇日を決めれば良いでしょう。

⑤ しかし、解雇相当と言えないのであれば、その社員はガリガリ亡者だと非難したいかも知れませんが、本人の希望に従う以外ありません。
返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  bananana さん 2018年05月08日 09:57
村の平民様

詳しく教えていただき、ありがとうございました。
 >① 理由は何であろうとも、本人が希望する退職日を会社の判断で早くすることは解雇になります。たとえ1日早くしても解雇です。
とのご回答を拝見していて、確かにと納得いたしました…。
こればかりは仕方のないことのようですね。

ご察しの通り勤務状態が芳しくないのと、このこと以外にも元々自己中心的な行動をする社員のため度々注意などはされていて、上司の目にも余っていたようで頻繁に相談され、困っていた次第です。
(そのことで解雇に相当するかというと、難しいかもしれませんが…。)
もう一度就業規則を頭に入れ、また相談されたらしっかり伝えようと思います。
私もまた勉強致します。
返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  ユキンコクラブ さん 2018年05月08日 17:42
> いつも勉強させていただいております。
>
> 妊娠出産の為、退職が決まった社員がおります。
>
> 出産予定日:9月10日
> 産前休業日:7月31日
> 産後休業日:11月5日
> 本人退職希望日:7月31日
> 当初の退職予定日:6月25日
> ※弊社の給与計算締日:毎月25日
>
> しかし、出産手当金をほしいためだけに退職日を1か月伸ばしたいと言って譲りません。(医師から診断を受け短期間の自宅安静になったため、退職願はこれから受け取ることになります。)

社員の気持ちはわかりますが、会社はなぜ、出産のために退職する社員に産休を与えずに辞めさせたいのでしょうか?
妊娠期に就労状態が思わしくなかったからですか?
妊娠期に就労状態が良ければ、このような問題はでませんでしたか?退職日も伸ばしたのでしょうか?
妊娠の症状は、10人10色ですから、個々の対応が必要となります。
まー権利ばかり主張されると、頭にも来ますけど。。。

banananaさまの気持ちがわからなくもないですが。。。
以前勤めていた会社でも、同じような方がいらっしゃいましたよ。。
産休期間に入る前に退職する。。。と申し出てきたのですが、
本当にそれでよいのか、出産手当金とか、育児休業とか職場復帰とかできることを説明したら、ガラッと態度を変えて、職場復帰したい、育児休業給付金ももらいたい、、と
よくよく聞いたら、ご主人の転勤があり、職場復帰はできないといわれ、それでも出産手当金はほしい。。。と。
お金がもらえるよ。。。と伝えたときの豹変ぶりに教えなければよかったと後悔したことも。。。
結局、この従業員は産前休業にはいった最初の給与締日に退職しましたが、従業員から、こんな制度が有ることすら知らなかったから教えて貰えてよかった。。と喜んでもらえた時は複雑な気持ちでした。
制度としてあり、活用できる状態であれば、すべて利用していただきたいと思う気持ちと、もらうことばかり考えるなぁーーと思う気持ちが混ざってしまいました。。。

退職日の変更について、当初の退職予定日。。とありますが、状況がいまちいわからないので、どうすることが一番良いのかは判断できませんが、

参考になるとすれば、
産休期間中について、会社から給与が一切支給されず、
健康保険からの出産手当金のみであれば、会社に在籍していても負担になることはないのでは?

産前休業期間中。。。給与なし
産後休業期間中・・・給与なし
産前産後休業期間中。。。社会保険料健康保険料、厚生年金保険料)全額免除。こちらは会社負担分も免除になりますので。。。










返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  bananana さん 2018年05月10日 10:23
ユキンコクラブ様

お世話になります。ご連絡遅くなり、申し訳ありません。
個々の対応は、出来る限りしてきたつもりです。弊社にこの手のことに明るい人間がいなかったもので、通院のことや体調不良については私の方で、調べながらかけあってきていました。

ですが、そうしているうちに出勤時間がルーズになり(母性健康管理指導事項連絡カードへの記載は特になし)、連絡も足りない(何度注意しても改善なし)、勤務態度も先方とのやり取り不備等々…。
勤務態度は妊娠される前からも上司から注意を受けているところがあり、その積み重ねで上司も相談に至ったのだと思われます。
ミスをしてもとても横柄です。本人に自覚があっても指摘するまで黙っていますし、フォローの一言もありません。他の社員からも不満は出ていました。
本人もいっぱいいっぱいなのかもしれませんが、でも仕事には責任ってやっぱり伴うので。

こういうことは、感情と切り離して規則と照らし合わせて判断する必要があるのは重々承知ですが、ユキンコクラブ様がおっしゃる通り複雑な気持ちです。
無理をしろと言いたいわけではありませんが、大変なんだから言わなくても配慮して当たり前でしょの態度ではなく、もう少し別のやり方もあるんじゃないかな…という気持ちは否定できません。

しっかり責務を果たし積み重ねていれば、こんなに信頼を失うこともなかったのになと残念に思います。

退職日に関しては話がまとまりまして、本人の希望に沿うような結果になりました。結局退職日まで欠勤ののちの退職ですが…。

産休期間中の免除について、教えていただきありがとうございます。

ほぼ愚痴になってしましました、申し訳ありません!
早く終わることを願っています。
返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  ユキンコクラブ さん 2018年05月11日 11:29
当社でも、一人妊娠中の方が勤務されています。。。

体調も思わしくなく、毎日、
「おなかが張って動けない・・」「おなかが痛い」
「気持ち悪い・・」「病院の定期検診の日」だのと、遅刻したり、早退したり、
欠勤したり、、、、、
挙句の果てに、出産前日まで働く代わりに、超短時間(1日3時間)勤務に変更してほしい。
産休、育休中に2人目妊娠、出産したいとか。。。
(ばかも休み休み言えと言いたい。。。)


今のところ、業務に支障は出ていませんが、、、周りは振り回せれているようです。。。先日、担当上司にあったら愚痴られた。。

権利を主張する以上は、義務は果たさないと、印象は悪くなる一方ですよね。
まして、妊娠しているからだけの主張で、言わなくてもわかるでしょう。。。は会社には通用しません。
妊娠、出産後は、精神的にも不安定になるとはいえ、、、やはりそれだけではね(苦笑)

産休前の欠勤期間について、医師の診断により、労務不能であれば、
傷病手当金も受給できるかもしれませんよ。
産休前の休職期間健康保険厚生年金も免除できませんので、従業員負担分だけに限らず会社負担分も発生しますから、少しでも収入があった方が良いでしょう。。。


返信新規投稿する

Re: 出産手当金について

著者  bananana さん 2018年05月14日 16:05
事情は十分考慮しますが、会社的にも限度がありますということは相互的に理解していきたいところですよね…。
どんな人生設計でもいいですけど、その上で要求ばかりするのはいくら法律云々といったところでカバーするのは社の人間だということをもう少し考えていただけたなら…

かなり頭を悩ませておりましたので、ユキンコクラブ様の経験談お聞き出来て本当に助かりましたし、そうですよね!!という気持ちがとても湧きまして(笑)
おっしゃる通りです、仕事上は必要なところまではしますけど、気持ちよくは出来ません。。
こういう対応をすることは初めてでしたが、かなりやりにくいケースに当たったんだなあととてもとても勉強になりました。(次は勘弁してほしいですけど)
本来ならおめでたいことのはずなんですけどね…。

傷病手当金のことも教えて下さりありがとうございます。確認してみたら受給できそうなことを健保からも伺いまして、順次対応していければと考えております。
本当に助かりました。聞いて下さってありがとうございました。。
返信新規投稿する
1~7  (7件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク