スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 預り金、立替金の仕訳について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

預り金、立替金の仕訳について

著者  花はな さん 最終更新日:2018年05月11日 12:13
当方、研修事業を行っていて、その受講料とテキスト代の仕訳についてのお尋ねです。

1、通常、テキスト代は、業者へ支払う前に受講生から入金があり「預り金」として処理しています。
  ※受講料入金時   普通預金/受講料
                /預り金(テキスト代)
  ※業者への支払時  預り金/現金

2、一部の受講生の入金が遅れ(例えば5人分のテキスト代に対し、1人分未納)、業者への支払いの方が早まる場合があるのですが、その場合の仕訳は
  ※業者への支払時  預り金/現金
            立替金/
後日、受講料の入金があった際の仕訳について質問です。
  ※普通預金/受講料
        預り金(テキスト代)
の仕訳のみでよろしいでしょうか。「立替金」が残ってしまうと思うのですが、どのように仕訳をしたらよろしいでしょうか。

3、また上記のような場合で、決算時に業者への支払いを未払金で計上する場合
   ※預り金/未払金
    立替金

の仕訳でよろしいでしょうか。また、実際に受講生から入金があった時と、業者へ支払うときの仕訳もそれぞれご教示頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 預り金、立替金の仕訳について

著者  ton さん 2018年05月11日 18:07
こんばんは。

> 当方、研修事業を行っていて、その受講料とテキスト代の仕訳についてのお尋ねです。
>
> 1、通常、テキスト代は、業者へ支払う前に受講生から入金があり「預り金」として処理しています。
>   ※受講料入金時   普通預金/受講料
>                 /預り金(テキスト代)
>   ※業者への支払時  預り金/現金
>
> 2、一部の受講生の入金が遅れ(例えば5人分のテキスト代に対し、1人分未納)、業者への支払いの方が早まる場合があるのですが、その場合の仕訳は
>   ※業者への支払時  預り金/現金
>             立替金/
> 後日、受講料の入金があった際の仕訳について質問です。
>   ※普通預金/受講料
>         預り金(テキスト代)
> の仕訳のみでよろしいでしょうか。「立替金」が残ってしまうと思うのですが、どのように仕訳をしたらよろしいでしょうか。

立替金で処理されているのであれば受取ったのは立替えたテキスト代ですから立替金となり、預り金での処理はありません。
同じ内容で処理科目が異なると書かれたように処理がずれる事があります。
同じ内容であれば支払状況に関わらず同じ科目で処理しましょう。


> 3、また上記のような場合で、決算時に業者への支払いを未払金で計上する場合
>    ※預り金/未払金
>     立替金
>
> の仕訳でよろしいでしょうか。また、実際に受講生から入金があった時と、業者へ支払うときの仕訳もそれぞれご教示頂けないでしょうか。

全額預り金で整理しましょう。
先払いになる分も含めて確実に回収出来るのであれば全額預り金にしましょう。
ただ預り金から未払金に振替えても負債の振替ですから収支に影響しませんので実払い時に預り金のみの直処理でもいいのかなと思います。
支払内容を把握したいとするなら未払金へ振替てもいいでしょう。



支払分 20,000
回収分  15,000 預り金
未回収分  5,000 預り金=先払立替分

預り金 / 未払金  20.000

未回収の回収時
資金 / 預り金  5,000

預り金の元帳   借方  /  貸方  
支払前回収        /  15,000
業者支払時   20,000 / 
立替回収時        /  5,000
残高         0 /     0

とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 預り金、立替金の仕訳について

著者  花はな さん 2018年05月14日 09:35
ton様

とても分かりやすくご教示頂きありがとうございました。
感謝申し上げます(^-^)



> こんばんは。
>
> > 当方、研修事業を行っていて、その受講料とテキスト代の仕訳についてのお尋ねです。
> >
> > 1、通常、テキスト代は、業者へ支払う前に受講生から入金があり「預り金」として処理しています。
> >   ※受講料入金時   普通預金/受講料
> >                 /預り金(テキスト代)
> >   ※業者への支払時  預り金/現金
> >
> > 2、一部の受講生の入金が遅れ(例えば5人分のテキスト代に対し、1人分未納)、業者への支払いの方が早まる場合があるのですが、その場合の仕訳は
> >   ※業者への支払時  預り金/現金
> >             立替金/
> > 後日、受講料の入金があった際の仕訳について質問です。
> >   ※普通預金/受講料
> >         預り金(テキスト代)
> > の仕訳のみでよろしいでしょうか。「立替金」が残ってしまうと思うのですが、どのように仕訳をしたらよろしいでしょうか。
>
> 立替金で処理されているのであれば受取ったのは立替えたテキスト代ですから立替金となり、預り金での処理はありません。
> 同じ内容で処理科目が異なると書かれたように処理がずれる事があります。
> 同じ内容であれば支払状況に関わらず同じ科目で処理しましょう。
>
>
> > 3、また上記のような場合で、決算時に業者への支払いを未払金で計上する場合
> >    ※預り金/未払金
> >     立替金
> >
> > の仕訳でよろしいでしょうか。また、実際に受講生から入金があった時と、業者へ支払うときの仕訳もそれぞれご教示頂けないでしょうか。
>
> 全額預り金で整理しましょう。
> 先払いになる分も含めて確実に回収出来るのであれば全額預り金にしましょう。
> ただ預り金から未払金に振替えても負債の振替ですから収支に影響しませんので実払い時に預り金のみの直処理でもいいのかなと思います。
> 支払内容を把握したいとするなら未払金へ振替てもいいでしょう。
>
>
> 例
> 支払分 20,000
> 回収分  15,000 預り金
> 未回収分  5,000 預り金=先払立替分
>
> 預り金 / 未払金  20.000
>
> 未回収の回収時
> 資金 / 預り金  5,000
>
> 預り金の元帳   借方  /  貸方  
> 支払前回収        /  15,000
> 業者支払時   20,000 / 
> 立替回収時        /  5,000
> 残高         0 /     0
>
> とりあえず。
>
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク