スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 決算時の未払金計上について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

決算時の未払金計上について

著者  匿名希望です さん 最終更新日:2018年05月16日 11:02
当方、研修事業をしておりまして、受講生から預かるテキスト代の決算時の仕訳について質問です。

1、通常、受講生からテキスト代(預り金)を業者へ支払うのですが、業者からは割り引かれた金額で請求が来るため、業者からの請求額と、実際に受講生から預かるテキスト代に差額が生じます。その差額は、「販売手数料」として計上しています。
※具体的には、定価2000円/冊を受講生からは預かるが、業者には1500円/冊支払う。差額500円は販売手数料(収益)。

普段は、
預り金2,000円/現金1,500円
         /販売手数料500円
としておりますが、たまたま3月に仕入れたテキストがあり、この分の未払金計上について悩んでおります。

預り金2,000円/未払金1,500円 
         /販売手数料500円

の仕訳で大丈夫でしょうか。
経理ど素人です。ご教示下さいますようお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 決算時の未払金計上について

著者  ton さん 2018年05月17日 01:20
> 当方、研修事業をしておりまして、受講生から預かるテキスト代の決算時の仕訳について質問です。
>
> 1、通常、受講生からテキスト代(預り金)を業者へ支払うのですが、業者からは割り引かれた金額で請求が来るため、業者からの請求額と、実際に受講生から預かるテキスト代に差額が生じます。その差額は、「販売手数料」として計上しています。
> ※具体的には、定価2000円/冊を受講生からは預かるが、業者には1500円/冊支払う。差額500円は販売手数料(収益)。
>
> 普段は、
> 預り金2,000円/現金1,500円
>          /販売手数料500円
> としておりますが、たまたま3月に仕入れたテキストがあり、この分の未払金計上について悩んでおります。
>
> 預り金2,000円/未払金1,500円 
>          /販売手数料500円
>
> の仕訳で大丈夫でしょうか。
> 経理ど素人です。ご教示下さいますようお願い致します。


こんばんは。私見ですが…
外部仕入を販売しているのであれば預り金ではなく売上ではないでしょうか。
テキストが無いと研修出来ないわけですから必ず必要になりますよね。
書籍販売としての売上ではないかと推測します。
現在は値引差額のみを売上計上しているようですが全額売上とする必要があると思われます。
請求時
@1,500*10=15,000  書籍仕入 / 未払金
@2,000*10=20,000  未収金 / 書籍売上 
となろうかと思いますがご検討ください。
それはさておき3月仕入分についてですがかなり変則的な仕訳ですが現状ではそうなるかと思います。
通常未払金費用に対して計上しますが仕入処理をしていませんので預り金でも致しかたないかと思います。
今まではどのように処理されていたのかが気になります。
とりあえず。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク