スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 祝日がある週の時間外労働について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

祝日がある週の時間外労働について

著者  kitakita さん 最終更新日:2018年05月16日 11:52
いつも参考にさせてもらっています。

早速、質問ですが、
弊社では、法定休日が日曜日、土曜日、国民の祝日、年末年始等を休日としています。

就業時間は、9:00~18:00(休憩1時間)8時間勤務となっています。

普通の週の18:00以降と土曜日出勤した時間は、時間外労働として1.25倍の賃金を支払いますが、祝日のある週は所定労働時間が40時間未満になるので、どのように処理したらいいかご教示ください。

(例)
月曜日:祝日
火曜日~金曜日 8時間+1時間
土曜日:8時間 
所定内労働時間:32時間
時間外労働時間:12時間

1)8時間分は通常単価の残業代+4時間分の時間外労働(1.25倍)
2)8時間分は所定内労働に繰入れて、4時間分の時間外労働(1.25倍)のみ支払う

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  ぴぃちん さん 2018年05月16日 14:33
会社は土曜日を休日としているので、その方との雇用契約の内容による判断になろうかと考えます。

法定外休日であるが、もともと労働の義務がない日であれば、その土曜日の労働は時間外労働に相当する可能性があると思います。
土曜日の労働が時間外労働になる場合には、1日8時間以内、週40時間以内であれば、時間外としての割増賃金は必要ないと考えますので、ご指摘にある月曜日が祝日の場合には、割増賃金は必要ないが賃金は必要である、になろうかと考えます。



> いつも参考にさせてもらっています。
>
> 早速、質問ですが、
> 弊社では、法定休日が日曜日、土曜日、国民の祝日、年末年始等を休日としています。
>
> 就業時間は、9:00~18:00(休憩1時間)8時間勤務となっています。
>
> 普通の週の18:00以降と土曜日出勤した時間は、時間外労働として1.25倍の賃金を支払いますが、祝日のある週は所定労働時間が40時間未満になるので、どのように処理したらいいかご教示ください。
>
> (例)
> 月曜日:祝日
> 火曜日~金曜日 8時間+1時間
> 土曜日:8時間 
> 所定内労働時間:32時間
> 時間外労働時間:12時間
>
> 1)8時間分は通常単価の残業代+4時間分の時間外労働(1.25倍)
> 2)8時間分は所定内労働に繰入れて、4時間分の時間外労働(1.25倍)のみ支払う
>
返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  kitakita さん 2018年05月16日 17:22
> 会社は土曜日を休日としているので、その方との雇用契約の内容による判断になろうかと考えます。
>
> 法定外休日であるが、もともと労働の義務がない日であれば、その土曜日の労働は時間外労働に相当する可能性があると思います。
> 土曜日の労働が時間外労働になる場合には、1日8時間以内、週40時間以内であれば、時間外としての割増賃金は必要ないと考えますので、ご指摘にある月曜日が祝日の場合には、割増賃金は必要ないが賃金は必要である、になろうかと考えます。
>
>
>
> > いつも参考にさせてもらっています。
> >
> > 早速、質問ですが、
> > 弊社では、法定休日が日曜日、土曜日、国民の祝日、年末年始等を休日としています。
> >
> > 就業時間は、9:00~18:00(休憩1時間)8時間勤務となっています。
> >
> > 普通の週の18:00以降と土曜日出勤した時間は、時間外労働として1.25倍の賃金を支払いますが、祝日のある週は所定労働時間が40時間未満になるので、どのように処理したらいいかご教示ください。
> >
> > (例)
> > 月曜日:祝日
> > 火曜日~金曜日 8時間+1時間
> > 土曜日:8時間 
> > 所定内労働時間:32時間
> > 時間外労働時間:12時間
> >
> > 1)8時間分は通常単価の残業代+4時間分の時間外労働(1.25倍)
> > 2)8時間分は所定内労働に繰入れて、4時間分の時間外労働(1.25倍)のみ支払う
> >

お返事ありがとうございます。
私も、割増はなくても、祝日に勤務した8時間分は残業代
支払わないといけないのではないかという感覚がありますが、
所定内労働時間40時間までは、特に1倍の残業代も支払わなくてもいいという
意見もあるようで、どちらなのか、判断がつきかねて質問しました。

重ねての質問で申し訳ありませんが
就業規則には、祝日を休日と謳っていても、月給制だと
残業代は支払わなくていいというケースもありますか
返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  ぴぃちん さん 2018年05月16日 22:19
私見はまじりますが、
先に記載したように、雇用契約書に記載されている、休日契約内容によると考えます。
会社が祝日が休日として規定されているのであれば、その日は、本来労働を免除されている日になると考えますので、祝日に労働したのであれば、契約した月給の範囲内でなく、休日に労働した賃金を支払う必要があると考えます。
その上で、
法定休日であれば、135%以上
・時間外に相当するのであれば、125%以上
・法定の時間外に相当しないのであれば、100%以上
賃金は必要であると考えます。



> お返事ありがとうございます。
> 私も、割増はなくても、祝日に勤務した8時間分は残業代
> 支払わないといけないのではないかという感覚がありますが、
> 所定内労働時間40時間までは、特に1倍の残業代も支払わなくてもいいという
> 意見もあるようで、どちらなのか、判断がつきかねて質問しました。
>
> 重ねての質問で申し訳ありませんが
> 就業規則には、祝日を休日と謳っていても、月給制だと
> 残業代は支払わなくていいというケースもありま
返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  村の長老 さん 2018年05月17日 08:12
確かに理論上は、祝日のある週が40時間未満となった場合で40時間まで時間外をさせたからといって割増分は不要というのは事実です。しかし割増分を除いた100の賃金は必要です。100の分まで支払わなくていいという情報は間違いだと思われます。

とすれば、規定通りに休んでいればそのままの給料であるが、その週に8時間多く働いたとすれば割増なしの8時間分は支払わねばなりません。日給制ならば各週の労働時間を確認すればこうした加減計算は容易いと思いますが、それでも担当者は大変ですね。もちろんこうした扱いが就業規則に規定されていなければなりません。

よって理論上はそういう扱いができるとしても、月給制でこれを行うには実務上相当な負担となります。

なお質問では「どのように処理したらいいかご教示ください」とありますが、勝手に前例を変更することはできません。これまでの処理がどうだったのか、就業規則はどうなっているのか確認しましょう。
返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  kitakita さん 2018年05月17日 09:33
ご返信ありがとうございます。

拙い説明の中、的確な回答をありがとうございます。
今まで年俸制という名の下に残業代を支払っていなかったのですが、それではいけないとのことで、残業代を支払うよう整備しているところです。

そこで、祝日の出勤についての疑問だったのですが、まさに仰るとおりで、
就業規則と、実務の煩雑さとの兼ね合いで、どのようにしたらいいのか
悩んでいるところです。

本当に、参考になるご意見、ありがとうございました。


> 確かに理論上は、祝日のある週が40時間未満となった場合で40時間まで時間外をさせたからといって割増分は不要というのは事実です。しかし割増分を除いた100の賃金は必要です。100の分まで支払わなくていいという情報は間違いだと思われます。
>
> とすれば、規定通りに休んでいればそのままの給料であるが、その週に8時間多く働いたとすれば割増なしの8時間分は支払わねばなりません。日給制ならば各週の労働時間を確認すればこうした加減計算は容易いと思いますが、それでも担当者は大変ですね。もちろんこうした扱いが就業規則に規定されていなければなりません。
>
> よって理論上はそういう扱いができるとしても、月給制でこれを行うには実務上相当な負担となります。
>
> なお質問では「どのように処理したらいいかご教示ください」とありますが、勝手に前例を変更することはできません。これまでの処理がどうだったのか、就業規則はどうなっているのか確認しましょう。
返信新規投稿する

Re: 祝日がある週の時間外労働について

著者  kitakita さん 2018年05月17日 11:12
確かにその通りだと思います。
詳しく説明して頂いて、ありがとうございます。

> 私見はまじりますが、
> 先に記載したように、雇用契約書に記載されている、休日契約内容によると考えます。
> 会社が祝日が休日として規定されているのであれば、その日は、本来労働を免除されている日になると考えますので、祝日に労働したのであれば、契約した月給の範囲内でなく、休日に労働した賃金を支払う必要があると考えます。
> その上で、
> ・法定休日であれば、135%以上
> ・時間外に相当するのであれば、125%以上
> ・法定の時間外に相当しないのであれば、100%以上
> の賃金は必要であると考えます。
>
>
>
> > お返事ありがとうございます。
> > 私も、割増はなくても、祝日に勤務した8時間分は残業代
> > 支払わないといけないのではないかという感覚がありますが、
> > 所定内労働時間40時間までは、特に1倍の残業代も支払わなくてもいいという
> > 意見もあるようで、どちらなのか、判断がつきかねて質問しました。
> >
> > 重ねての質問で申し訳ありませんが
> > 就業規則には、祝日を休日と謳っていても、月給制だと
> > 残業代は支払わなくていいというケースもありま
返信新規投稿する
1~7  (7件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク