スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 【下請法】期日現金払いについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

【下請法】期日現金払いについて

著者  あまみや さん 最終更新日:2018年05月16日 15:24
お世話になります。

表題の件で不明点がありご相談致します。
とある会社の支払い条件が
・10万円未満 月末締翌月末日銀行振込
・10万円以上 月末締翌月末日起算150日後ファクタリング支払
 ※ファクタリング未契約の場合、10万円以上は月末締翌月末起算150日後銀行振込となります。また金額は1カ月の合計発注額により確定します。

とあります。
当社はファクタリング未契約のため、150日後に入金がありそれ以前に受け取るにはどうしようもありません。
これはファクタリング未契約の当社が悪いのか、それとも先方に支払条件の変更を願い出てもいいのか、ご教授お願いします。

尚、当社の資本金は1千万未満で、先方は1千万円以上3億円以下です。

宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 【下請法】期日現金払いについて

著者  いつかいり さん 2018年05月17日 03:34
資本関係、下請法保護に置かれる取引であるとして


http://www.jftc.go.jp/shitauke/legislation/ikkatusisin.html

公取委から通知があり、本件にあてはまるのか照らし合わせる知識は持ち合わせていないのですが、あてはまるとして、

加入強制できないこと、入らないことをもって下請法違反の状態に放置されていること、設定150日、、、等々

種々問題のあるケースと思われます。

是正をしてもらえないなら、お近くの公取委、中小企業庁の出先機関で相談されてはと思います。
返信新規投稿する

Re: 【下請法】期日現金払いについて

著者  あまみや さん 2018年05月17日 14:55
> 資本関係、下請法保護に置かれる取引であるとして
>
>
> http://www.jftc.go.jp/shitauke/legislation/ikkatusisin.html
>
> 公取委から通知があり、本件にあてはまるのか照らし合わせる知識は持ち合わせていないのですが、あてはまるとして、
>
> 加入強制できないこと、入らないことをもって下請法違反の状態に放置されていること、設定150日、、、等々
>
> 種々問題のあるケースと思われます。
>
> 是正をしてもらえないなら、お近くの公取委、中小企業庁の出先機関で相談されてはと思います。
>

いつかいり様
ご回答ありがとうございました。

ご指摘通り、まず先方に伝えてみまして、ダメでしたら各所に相談致します。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク