スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > レンタル品の譲渡・減価償却について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

レンタル品の譲渡・減価償却について

著者  y-aoki さん 最終更新日:2018年06月08日 10:56
据え付き型業務用エアコン(22kw以上)のレンタルをしております。
以下の状況でどういった経理処理が適正でしょうか?

・10年間のレンタル期間満了後に譲渡した場合
 寄贈側の処理
 受贈側の処理
 減価償却の仕方

それぞれのリスクやメリットも教えて頂けるとありがたいです。
  

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: レンタル品の譲渡・減価償却について

著者  プログレス合同会社 さん 2018年06月08日 15:13
法定耐用年数15年の建物付属設備残存価格が残っており、一般法人または個人事業主あての無償譲渡を前提とします。

寄贈側の処理
 譲渡原価 / 建物付属設備 (残存価格)
 寄付金 / 譲渡収入 (時価)

 ※除却損は使用しません。
 ※時価での収入があったことになります。
 ※残存価格も残っており譲渡後も使用可能であることから時価0円になりません。
 ※中古市場の販売価格等から適切な時価を計上してください。
 ※その際の中古市場の価格表等を印刷するなりして残しておいてください。
 ※寄付金ですので損金算入限度額までしか損金になりません。

受贈側の処理
 建物付属設備 / 受贈益 (時価)

 ※中古取得による減価償却が必要になります。

それぞれのリスクやメリット
 意味が不明です。
 それぞれについてリスクやメリットという言葉で表現できるようなものはないはずです。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク