スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 外注の雇用について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

外注の雇用について

著者  アリア さん 最終更新日:2018年06月08日 13:14
いつもお世話になっております。

小社では外注のデザイナーに机を提供し、社内で働いてもらってます。
こちらが依頼した仕事をしてもらってるのですすが、人手が足りないときは電話対応など手伝ってもらいます。

報酬は、
1、依頼した案件に対する報酬
2、電話対応などに対する報酬
を払っています。

2の報酬について、現在は定額ではありませんが、月5万円くらいで固定にしようかと検討しています。

そうした場合、社会保険雇用保険に入れなくてはならないのでしょうか?

宜しくお願いします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 外注の雇用について

著者  労働新聞社 相談役 長谷川 さん (専門家) 2018年06月11日 07:34
とても難しい質問ですが、2つの方向から私見を。

一人の方と、委託契約雇用契約の両方を契約したいということでしょうか。
雇用契約に関しては、たまにかかってくる電話の応対ということで、月額5万円程度の支払いを予定ということです。電話の応対時間を何時間で契約するか(勤務時間をフルタイムに近い形に設定するか否か)ですが、時間が長いと最賃法等が関連してきます。守衛さんと同じ感じで、断続労働として扱うとして、最賃の減額申請の手続きが必要になりますが、お役所でどういう対応をされるか、ちょっと不安も。

社会保険関係については、いわゆる4分の3条件等(雇用保険は週20時間)に該当するような勤務時間契約するかどうかが関係してきそうです。


守衛さんと同じような仕事をしながら、同時にその時間を委託契約の処理に充てるとして、実質的には、毎日、決まった時間に出勤・退勤するわけで、委託契約の前提条件である就労場所の自由・就労時間の自由という要件の方が、あやしくなってきます(実態は雇用契約とみられるおそれもある)。定時出勤の方は、雇用契約に基づくものという申し開きが通用するか否か。

現実的には、その方とフルタイムでお付き合いするのですから、委託の仕事の方も含め、雇用契約にまとめるというのも一つの方法とは思います。
あるいは、忙しいときだけ、日単位等で契約というのもないわけではないですが(この場合は、その時間帯しか電話応対等を頼めません)。







> いつもお世話になっております。
>
> 小社では外注のデザイナーに机を提供し、社内で働いてもらってます。
> こちらが依頼した仕事をしてもらってるのですすが、人手が足りないときは電話対応など手伝ってもらいます。
>
> 報酬は、
> 1、依頼した案件に対する報酬
> 2、電話対応などに対する報酬
> を払っています。
>
> 2の報酬について、現在は定額ではありませんが、月5万円くらいで固定にしようかと検討しています。
>
> そうした場合、社会保険雇用保険に入れなくてはならないのでしょうか?
>
> 宜しくお願いします。
返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク