スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 年金事務所の調査

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

年金事務所の調査

著者  くま子⁂ さん 最終更新日:2018年08月29日 19:48
削除されました

スポンサーリンク

Re: 年金事務所の調査

著者  村の平民 さん 2018年06月12日 18:11
① 貴事業所が任意包括事業所か、そうではなく当然適用事業所か、質問では不明です。

② 任意包括事業所であれば、適用を認められた平成29年3月以降が対象なので、28年6月からの書類を持参しても29年2月以前の未加入分は徴収されません。

③ 任意加入時に年金事務所で聞いたことが何かの勘違いであれば、過去2年は遡り徴収される可能性があります。

④任意包括事業所と、当然適用事業所の区別については省略します。不明であれば、再質問して下さい。
返信新規投稿する

Re: 年金事務所の調査

著者  くま子⁂ さん 2018年08月29日 19:49
削除されました

Re: 年金事務所の調査

著者  村の平民 さん 2018年06月12日 19:09
① 法人は例え1名しかいなくても当然適用事業です。

② 法人登記簿等によって証拠は明白なので、過去2年を遡って保険料を徴収される可能性は大と言わざるを得ません。

③ 質問に 「未加入分も徴収されるのでありば、社会保険加入時に徴収されるものではないのでしょうか」 と有りますが、いつ遡及徴収するかは法定されていないと思います。
 徴収時期をいつにするかは、その権限を持つ官庁の恣意によるのではないでしょうか。指摘されるならば平身低頭して温情を乞う以外無いでしょう。実際に、このことで倒産した事例を聞いています。

④ もし、未加入分も徴収されるならば、「その時期に収めていた、国民健康保険国民年金は」 請求することにより返還されうるでしょう。しかし、所管官庁が異なるので、即断はできません。
 二重払いの結果になるようであれば、審査請求せざるを得ないと思います。

⑤ 官庁は、失地回復とばかり、強権発動している傾向があります。一罰百戒の大義名分があるので、法令遵守しない企業は危うい時代です。
返信新規投稿する

Re: 年金事務所の調査

著者  くま子⁂ さん 2018年08月29日 19:49
削除されました
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク