スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > ドル建ての会計処理について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

ドル建ての会計処理について

著者  ゴールドスター さん 最終更新日:2018年06月14日 09:47
今年の3月にアメリカに子会社を設立しました。
現地には代表と事務員が1人在籍しているだけで経理処理は親会社でおこなうことになりました。
アメリカで会計士の先生に依頼し、9月決算にむけて処理をすすめるにあたって
貸借対照表」「損益計算書」「総勘定元帳」などの提出をもとめられました。
エクセルで仕訳帳は作成していたのですが、そこから先をどうすすめていいのかがわかりません。
親会社で使用している会計ソフトではドル建てに対応しておらず、顧問税理士やシステムフォローしていただいている先にも調べてもらったのですが対応ソフトがみつかりません。フリーのエクセル会計でなんとかなると思っていた自分が甘かったです。
簿記3級は取得していますが入社以来会計ソフトに頼りきりで・・・
海外の会計処理を日本でおこなっている方いませんでしょうか?
またはドル建て対応会計ソフトをご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: ドル建ての会計処理について

著者  村の平民 さん 2018年06月14日 13:23
① 株式会社ビジネス・アソシエイツのものが使えるかも知れません。
 ただし、50万円以上します。(保守料は別途)

② なお、日商簿記3級では心許ないです。是非日商1級を取得して下さい。
返信新規投稿する

Re: ドル建ての会計処理について

著者  ゴールドスター さん 2018年06月14日 14:31
> ① 株式会社ビジネス・アソシエイツのものが使えるかも知れません。
>  ただし、50万円以上します。(保守料は別途)
>
> ② なお、日商簿記3級では心許ないです。是非日商1級を取得して下さい。


ビジネスアソシエイツに問い合わせしてみたところ導入費用で100万~とのことでした。
社長には「1~2万円くらいのソフトを使えばパパッとできるでしょ?簿記3級なんだから」と言われていたのでこの金額は稟議がとおりそうにありません・・・。
教えていただいてありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: ドル建ての会計処理について

著者  4畳半一間 さん 2018年06月15日 17:09
ゴールドスター さん

こんにちは

外貨を扱う会社様ですね。
ご質問内容の『仕訳』を起票していたとありますので、外貨に関係した取引を貴社内取り決めによる円または米ドルへの変換もその仕訳に含まれていると考えて宜しいですか?

 前述の前提を省き、外貨関係の動きを簡単に説明しますね。
まず、貴社の外貨への変換または邦貨への変換(外貨建て預金勘定)の期は、どのような動きの時に、いつの日の公開レートの中値(最大、最小もあり)を基準交換レートとしているのですか?
次に、為替差損益はどのような期間で計算しているのですか?
 会社によっては輸出、輸入品が発生した時点で変換計上したり、外貨建て預金を主軸に計算したり、まちまちですが?
 そのあたり大丈夫ですか?
『3級をもっているから大丈夫』は、検定対象勘定科目を知らないからですね。

さて、ソフトの事ですが前述までの事が理解出来ていなければ、どのようなソフトだと貴社にあっているか分かりませんね。
ましてや、外貨をやるにあたって伝票の流れをも理解していないと可也、難しいかと思います。

 汎用パッケージ会計ソフトでも理論的に外貨の取り扱いが出来るのは極わずかです。普通はオプションでその基本販売価格よりも高価です。

 ご質問内容から、税理士さんに外貨に関する発生から決済、差損益の仕訳までお願いするのが賢明と思います。

返信新規投稿する

Re: ドル建ての会計処理について

著者  ゴールドスター さん 2018年06月18日 11:44
> ゴールドスター さん
>
> こんにちは
>
> 外貨を扱う会社様ですね。
> ご質問内容の『仕訳』を起票していたとありますので、外貨に関係した取引を貴社内取り決めによる円または米ドルへの変換もその仕訳に含まれていると考えて宜しいですか?
>
>  前述の前提を省き、外貨関係の動きを簡単に説明しますね。
> まず、貴社の外貨への変換または邦貨への変換(外貨建て預金勘定)の期は、どのような動きの時に、いつの日の公開レートの中値(最大、最小もあり)を基準交換レートとしているのですか?
> 次に、為替差損益はどのような期間で計算しているのですか?
>  会社によっては輸出、輸入品が発生した時点で変換計上したり、外貨建て預金を主軸に計算したり、まちまちですが?
>  そのあたり大丈夫ですか?
> 『3級をもっているから大丈夫』は、検定対象勘定科目を知らないからですね。
>
> さて、ソフトの事ですが前述までの事が理解出来ていなければ、どのようなソフトだと貴社にあっているか分かりませんね。
> ましてや、外貨をやるにあたって伝票の流れをも理解していないと可也、難しいかと思います。
>
>  汎用パッケージ会計ソフトでも理論的に外貨の取り扱いが出来るのは極わずかです。普通はオプションでその基本販売価格よりも高価です。
>
>  ご質問内容から、税理士さんに外貨に関する発生から決済、差損益の仕訳までお願いするのが賢明と思います。
>
>
米ドルだけでの取り扱いです。
親会社は日本国内ですが、子会社はアメリカにあり米ドルのみの取引です。
子会社だけで米ドルのみでの会計処理をしたいのですが・・・。
考え方が根本から間違っているのでしょうか。
返信新規投稿する

Re: ドル建ての会計処理について

著者  4畳半一間 さん 2018年06月18日 15:02
米国での貴社会計報告は、国際会計ですが大丈夫ですか

米国内の外資系(日本)では連結決算も求められているのではありませんか

この場合、本社または親会社である貴社の円貨を米ドルに変換しての連結になりますが、レート適用時期は決まっていますか

双方向のレート換算が必要ですね。

尚、国際会計と日本の財務諸表に於ける会計とは、それらを構成する勘定科目体系は無論のこと、勘定科目の範囲や時価会計減価償却も異なりますが大丈夫ですか

がんばってください。


返信新規投稿する
1~6  (6件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク