スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 月給制社員の給与締日変更について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

月給制社員の給与締日変更について

著者  NEW EMPLOYEE さん 最終更新日:2018年06月14日 11:18
過去に事例がある件かもしれませんが、ご質問です。

現状
完全月給制 (賃金計算期間:1日~末日)
月末締め・当月28日払い

変更案
完全月給制 (賃金計算期間:21日~20日)
20日締め・当月28日払い

といった変更を検討しています。

変更月をX,変更前の月をY、変更後の月をZとした場合、

Y月1日 ~Y月31日  → Y月28日 支払
X月1日 ~X月20日  → X月28日 支払
Z月21日~Z翌月20日 → Z月28日 支払
と、なってくると思いますが、
この「X月1日~X月20日」の場合に、完全月給制の扱いに困っています。
20日分のみ日割りで計算して支給をするのか、
月給制なので丸々1か月分支給をしていいのか、(1か月分支給をした場合には、変更前 Y月の21日~Y月31日の分はY月に支給済みなので二重になる。)といった所が不明点です。
原則として、労働対価なので日割りなのかなと思っておりますが、社員の生活を考えるとどうしたものか・・・と。

お知恵をお貸しいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 月給制社員の給与締日変更について

著者  村の平民 さん 2018年06月14日 12:26
① 賃金の計算期間や支払日の変更をしようとする場合、必ず提起される問題です。

② 事例の解決を簡単に言えば、日割りとすべきでしょう。二重払いをする必要はありません。

③ 完全月給制のその日割り額 B は、完全月給制のその趣旨に拠り
 完全月給制の月所定額 ÷ (X月1日~X月末日の歴総日数)A = 日額 B
 として求めるべきだと思います。

④ 折角変更されるのですから、締め日や支払日をもっと合理的に変更されることをお勧めします。
 その理由の第1は、締め切り期間の途中で支払をすると、残業手当の計算が不確定になることです。
 理由の第2は、完全月給制でない受給者について書いて居られませんが、それらの人も締め切り日や支払日は同一にされると思われ、それらについては残業手当に留まらず、欠勤などの控除が仮定日時数によることになってこれまた不確定です。
 確定日時数が判明し、修正をするのはそのまた翌月になり、計算が複雑で受給者の理解が困難になります。紛争原因にないかねません。支払後に退職されると収拾困難になります。

⑤ 従って、変更後は、Z月21日~Z翌月20日で締め切り → その分をZ翌月28日に支払うことにされた方が良いと思います。
 これであれば、8日間の計算時間があるので、不都合は起こり得ないでしょう。

⑥ なお、労基法の賃金支払い5原則により、毎月1回は賃金支払いを要します。どのように制度変更しても、賃金支払いが無い月を生じないよう、ご注意下さい。
返信新規投稿する

Re: 月給制社員の給与締日変更について

著者  ぴぃちん さん 2018年06月14日 12:44
結果として、締め日変更に伴うので、完全月給制においても、”> X月1日 ~X月20日”の期間の取り扱いについては、月給の全額を支払うと状況としては、”> X月1日 ~X月30日”分迄の支払いとなり、次の”> Z月21日~Z翌月20日”において、重複する期間があることから、20日分相当の支払いとすることで整合性はとれるでしょう。
また、そうした場合には、締め日の変更によることから、そのときだけ、賃金が少なくなっているわけでもありません。
締め日変更に伴うが、短縮された期間においても賃金の1か月分相当を支払うこともまた可能ですから、そのように取り扱うのかは、会社で判断したうえで、周知することが望ましいかと思います。
(締め日の変更は就業規則の変更を伴うため、十分な周知も必要になります)。



> 過去に事例がある件かもしれませんが、ご質問です。
>
> 現状
> 完全月給制 (賃金計算期間:1日~末日)
> 月末締め・当月28日払い
>
> 変更案
> 完全月給制 (賃金計算期間:21日~20日)
> 20日締め・当月28日払い
>
> といった変更を検討しています。
>
> 変更月をX,変更前の月をY、変更後の月をZとした場合、
>
> Y月1日 ~Y月31日  → Y月28日 支払
> X月1日 ~X月20日  → X月28日 支払
> Z月21日~Z翌月20日 → Z月28日 支払
> と、なってくると思いますが、
> この「X月1日~X月20日」の場合に、完全月給制の扱いに困っています。
> 20日分のみ日割りで計算して支給をするのか、
> 月給制なので丸々1か月分支給をしていいのか、(1か月分支給をした場合には、変更前 Y月の21日~Y月31日の分はY月に支給済みなので二重になる。)といった所が不明点です。
> 原則として、労働対価なので日割りなのかなと思っておりますが、社員の生活を考えるとどうしたものか・・・と。
>
> お知恵をお貸しいただければ幸いです。
> 宜しくお願い致します。
返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク