スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 世の中の年度末と弊社の年度末について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

世の中の年度末と弊社の年度末について

著者  はなこ1133 さん 最終更新日:2018年06月27日 15:00
初めまして、経理税務総務初心者で、いつも勉強になっています。
為になります、ありがとうございます。

7月決算の会社で事務員をやっています。
常識的なことでお恥ずかしいのですが、教えていただけますでしょうか。

税制改正などでよくみる、「適用期限:平成30年度末まで」という書き方ですが、
弊社のように7月決算の会社は、平成29年8月から平成30年度7月までが29年度になります。
減価償却等の特例があったとして、「適用期限:平成30年度末まで」と書かれている場合、
世の中でいう平成30年度末(平成31年3月まで)までの期間のことになるのでしょうか?
それとも、個々の会社独自に定めている決算月から、個々の会社の年度末(弊社なら平成31年の7月まで)の期間、適応できるものでしょうか?

なんといいましょうか、ひとつの会計期間に、税制の決まりが変わるのがおかしい気もしますし、消費税のことなどを考えると、逆に当たり前のような感じもして悩んでおります。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 世の中の年度末と弊社の年度末について

著者  村の平民 さん 2018年06月27日 18:11
著者 はなこ1133 さん最終更新日:2018年06月27日 15:00 について私見を述べます。

① 税法において実施日などを 「適用期限:平成30年度末まで」 と表記しているでしょうか?

② そうではなく 「平成30年3月31日までに終了する事業年度」 と言った書き方だと思いますが、私の記憶違いでしょうか。

③ 国の一般会計年度は毎年3月31日で締め切っています。そのことから国の諸制度は4月1日から翌年3月31日を1会計年度としています。会計年度が始まる年の年数で 「○年度」 と言って居ます。
 従って、「適用期限:平成30年度末まで」 と法文に書いてあれば、「平成31年3月31日まで」 と理解すべきでしょう。

④ それ故貴社が 「平成31年の7月まで」 の計算期間であれば、「適用期限:平成30年度末まで」 は適用されないと考えます。「平成30年の7月まで」 分は、他に排除根拠が無かったら適用されると考えます。
返信新規投稿する

Re: 世の中の年度末と弊社の年度末について

著者  4畳半一間 さん 2018年06月28日 12:42
はなこ1133 さん

こんにちは

国の税制は基本的に4月1日から3月31日までですが、税制でも減価償却の年度に対する期間は1月1日から12月31日までですが、1月1日の購入固定資産物は前年12月31日とします。
そして、それら資産の償却状況を資産管理地管轄の税務署に提出致します。

紛らわしいのですが、会計固定資産関係の帳簿は、前述のように会社決算期とは別々に管理します。

貴社決算が8月とのことですから、記述の「適用期限:平成30年度末まで」は31年3月31日までとなります。

つまり、31年4月1日以降は適用されないので、その条件を外した評価をしての計上となります。

返信新規投稿する

Re: 世の中の年度末と弊社の年度末について

著者  はなこ1133 さん 2018年06月28日 13:26
村の平民様 

ご返信、御教授をありがとうございます。

たとえば
中小企業者等の小額減価償却資産の取得減価の特例で、
中小企業者が30万円未満の減価償却資産を取得した場合、
当該減価償却資産の合計金額300万円を限度として、全額損金参入(即時償却)を認める制度
(平成30年度末まで)

という場合、弊社(中小企業)の決算がいつだろが、弊社が29年度期を進んでいようが、
平成31年3月末までに取得した物には適用され、平成31年4月1日からの取得分については適用されないということですね。

税制や法律などは統一されてないとおかしいのではと思ったのですが、
こちらで確認できて、大変勉強になりました。


お二人に感謝しつつ、これからも励みます。
ありがとうございました。
返信新規投稿する

Re: 世の中の年度末と弊社の年度末について

著者  はなこ1133 さん 2018年06月28日 13:29
4畳半一間様

ご返信、御教授をありがとうございます。


たとえば
中小企業者等の小額減価償却資産の取得減価の特例で、
中小企業者が30万円未満の減価償却資産を取得した場合、
当該減価償却資産の合計金額300万円を限度として、全額損金参入(即時償却)を認める制度
(平成30年度末まで)

という場合、弊社(中小企業)の決算がいつだろが、弊社が29年度期を進んでいようが、
平成31年3月末までに取得した物には適用され、平成31年4月1日からの取得分については適用されないということですね。

税制や法律などは統一されてないとおかしいのではと思ったのですが、
こちらで確認できて、大変勉強になりました。


お二人に感謝しつつ、これからも励みます。
ありがとうございました。
返信新規投稿する
1~5  (5件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク